サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

【気合マックスPJ】サフィニアマックスの植え込みスタート!(2015年3月20日更新)

2015年03月20日

"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 


■けんたこ2000 (一般)■

 

3/14(土)晴れ。

32センチプランターにピンク1株、
43センチプランターにピンク2株、
地植えでピンク、パープル、グレープを各1株ずつ植えました。

株元にはビガーライフ元肥を5粒くらい置き、水を少し与えました。
芽数増やすためにピンチしようと思いましたが、
まだ新鮮な苗で伸びた枝が無かったのでピンチせず。
来週末にピンチ予定。

 

地植えの場所は2/28に土の手入れをしました。
3/14植付け予定なので、2週間前に土を掘り返し、腐葉土を混ぜました。
マグアンプも入れてみました。

 


■パイン (愛好家)■

 

3/14、苗が到着しました!
ちょっと土をかぶっていましたが元気な苗です。
早速10号鉢に1株ずつ植えつけました。

庭が狭く、あまり日当たりの良くない環境です。
元気に大きく育てられるでしょうか?!

 


■サンゴリ (愛好家)■

 

はじめまして!サンゴリです。
ガーデニング歴10年、マンション8Fに住むベランダガーデナーです。
サントリーのラグビーチーム「サンゴリアス」のマスコットキャラクター
「サンゴリアスくん」とともにサフィニアマックス栽培の様子をお届けします。

 

私の栽培テーマは『他ブランドとの比較』。
縦にも横にも大きく生長するサフィニアマックスの特性を
他ブランドと比較しながらお伝えしていきたいと思います。

 

まずは3月15日の植えつけの様子から。
今回植えるのは、サフィニアマックス・ピンク、サフィニア・イエロー、
サフィニアブーケ・キューティライトピンク、ブリエッタ・パープルの4品種です。

マックスは葉が大きくて、小さな苗の時から存在感がありますね。

 

4つの苗をひとつずつ「ストーンライト・プランター」
(サントリーフラワーズネットにて好評販売中)に
「サフィニアの土」を使って植えつけます。

と、その前に。。。
いつもはすぐに大きなプランターに植えますが、今回は大事をとって、
5号サイズのスリット鉢に仮植えし、ある程度生長してから
ストーンライト・プランターに移植することにしました。

土の量が少ない方が早く乾くため、根が早く張るのだそうです。
それに、苗が安定するまでは雨や強風に当てたくないので、
小さい方が軽くて移動が楽です。
移植するのがちょっと面倒ですが、霜や寒さが心配な時期や、
まだ植え方が決まってない時などは仮植えがおすすめです。

順調に育つんだろうか、、、。
とっても不安ですが、これから数ヵ月、どうぞよろしくお願いします!

 


■ポチ (一般)■

 

2015/3/18(水) お天気:曇り 気温:20℃くらい

ポチです。
直径43㎝×高さ34.5㎝の大型の丸プランターに、
サフィニアマックス・ピンクを3株植えつけました。
従来のサフィニアは、直径30㎝鉢に苗を3株植えてきましたが、
咲き姿が巨大になるマックスということで、さらに大きな鉢にトライしています。

鉢底には赤玉土(中粒)、用土はサフィニアの土、
株の周囲に固形肥料のビガーライフを5個ずつ置きました。
摘心はまだしていませんが,様子を見ながらそのうちに。
置き場は南向きの庭です。

雨が降ると泥はねがしやすい場所なので、
鉢の下には、ブロックを置いてみました。

今後の成長が楽しみです!


 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 

★参加団体・小学校を大募集!「大きな花プロジェクト」キャンペーンサイト

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2015

バックナンバー:

2015年03月

気合マックスPJ2015のおすすめ記事

~育てる感動と驚きを、一人でも多くの人に~

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.