サントリーフラワーズ花とおしゃべりブログ

2016年3月18日   【 気合マックスPJ2016・マックスマム・ビーダンス 】

【気合マックスPJ2016】サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育てます!

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズの「大きな花プロジェクト」をより盛り上げるため、

サントリーフラワーズ社員が新登場「マックスマム」「ビーダンス」を育てて、

その生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介いたします!

プロジェクト名は・・・

"サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育ててみました"

(長いので、以降「気合マックスPJ2016」と明記します。)

 

さっそくレポートが来ていますので、ご紹介いたします!

この春、マックスマムやビーダンスを育てる全国のガーデナーの皆様とともに

さまざまな情報を共有したり、盛り上げていけたらと思います。

 


 

■ポチ(一般)■

◆3月17日

昨年度の「気合マックスプロジェクト」、「プレマム満開プロジェクト」に続き、
マックスマムを育てる「2016気合マックスプロジェクト」に参加致します。
どうぞよろしくお願い致します。

今回は、以下の内容でチャレンジします。

 

1) ホワイトをまず8号鉢で育て、大きくなったら、
・10号に鉢増しする
・鉢増ししないで土を入れ替える、
の2パターンで育てる。

 

2) イエローを直径43cmの大鉢で、
・肥料管理などをお手本どおりにする
・気ままに肥料を与える
の2パターンで育てる。

 

3) ピンク、レッドをそれぞれ10号鉢で育てる。

 

用意したのは、鉢底石代わりに赤玉土、
用土にサフィニアの土、元肥にマグァンプKです。

鉢は、
1)はテラコッタ調の軽い素材の鉢(直径30×高さ23cm)
2)は昨年サフィニア・マックス3株を育てた大鉢(直径43×高さ34.5cm)
3)は鉢のふちがエレガントな、高さのある鉢(直径30×高さ25.5cm)
を使います。

肥料があらかじめ入っているサフィニアの土ですが、
大きく育つ肥料食いのマックスマムなので、
各鉢ひと握りから一握り半の元肥をさらに入れました。
全ての鉢を満たすのに、赤玉土2袋、サフィニアの土5袋を使いました。

置き場は南向きの庭です。
一つ一つの花が大きく、株も巨大になるマックスマム、
楽しんで育てていきたいと思います。

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆2月28日(土)晴れ。

2016年の気合マックスPJが始まりました。
昨年はサフィニアマックスを育てましたが、
今年は新商品のマックスマム。私に与えられた目標は、
日当たりの良さとスペースを活かし、とにかく大きく育てること!

と言うことで、支給されてきた鉢はなんと

直径47センチの超特大プランター...。

容量は33リットルなので、普通の10号鉢(30センチ)よりも
土が3倍入ります。参考までに、猫の金太郎(3歳)も
すっぽり入る巨大な大きさでした。

4色ともこの超特大プランターでチャンジしていきます。

写真は左から、ボンザマーガレットの8号鉢と10号鉢。
一番右が今回の気合マックスPJで使う47センチの鉢。
この鉢をマックスマムの花でいっぱい覆うことができたら
素晴らしいですね。でも果たしてこんなに大きくすることが
できるのか、ブログで進捗を公開していくので少し不安です。
10号鉢くらいであれば、マックスマムなら余裕でしょうけど。

 

さてさっそく植え込みです。
いつもは最初から鉢に土を入れて苗を植え込みますが、
今回は買ってきた6号スリット鉢に仮植えしました。


というのも、47センチという巨大な鉢のため、
一度植えてしまうと重すぎて移動ができません。
遅霜の危険がまだありますから。
また、最初から大きい鉢に植えるよりも、小さい鉢の方が
土の乾きが早いため、根の生育も早いようです。
確かに土日は曇りでしたが、2日で土が乾いていました。
水切れに注意したり、植え替えたりと多少面倒ですが、
今回はこれで試してみたいと思います。

  


 

■パイン(愛好家)■

◆3月13日

あまりお天気は良くないですが、マックスマム植え付け開始です。
11号鉢に1株ずつ植えつけます。
苗はまだまだ小さいですが、ちらほら開花の始まった
ボンザマーガレットのつぼみと比べると、
マックスマムのつぼみの方が大きいのがわかります。

これは大きく育ってくれそうな...
日当たりの悪いのが悩みの種ですが、
たくさんの花を咲かせてくれるといいな。

犬のギズモより大きく育てられるでしょうか?!

マックスマムは肥料好きとのことなので、
サフィニアの土は元肥入りですが植え込み時に
1握りのマグアンプKをよく混ぜ込みました。
追肥は今月いっぱいは無しでも大丈夫でしょうか。
これからの気温と土の乾き具合で検討します。

  


 

■トムヤム君(プロ)■

◆3月13日

前日に届いた苗を植えました。
今朝も0度近くまで冷え込んでいて、
まだまだ早いかなとは思ったのですが。

 

 

庭のサンシュユ、ハナミズキ、モクレンたちは
今は落葉しているので良く日が当たりますが、
これから春になると芽吹いてきて段々日当たりが悪くなってきます。

そんな庭でもキレイに咲かすことができるのか!?

  


 

■おおあみぱぱ(愛好家)■

◆3月12日(土)

一日中日当たりが良い南向きの花壇を整地して
「マックスマム(イエロー)」を1ポット植えました。

雑草を刈って整地にして、植え穴を幅・深さともに大きく掘って、

そこにサフィニアの土を入れ込みました。
周りにマグアンプKを蒔いて植え込みました。

 

 

 

 

お庭の南西カドに作った花壇には
「マックスマム(レッド)」を3ポット植えました。
この場所は南向きですが横に大きな木があるため、
残念ながら午後からは日陰になってしまいます。

 

「マックスマム(ピンク)」は10号鉢に植えます。

さ~、これからマックスマムの気合マックス開始です!
満開マックスを目指して頑張ります!!

 


 

■タムタム(プロ)■

◆3月13日(土)晴れ。

本日、8号鉢と12号鉢にそれぞれ1株植えで4種類を植えました。

鉢サイズで株の大きさ(豪華さ)がどれ位違うかの比較をします。

 

 

 

置肥を8号鉢では5粒、12号鉢で8粒置きました。
ノーピンチでの植え込みです。置き場所は野外です。

▲8号 ▼12号 

目的
鉢サイズで株の大きさ(豪華さ)がどれ位違うかの比較する。
鉢サイズは8号サイズと12号サイズで行う。

基本事項
品種 マックスマム イエロー2鉢、ピンク2鉢、ホワイト2鉢,レッド2鉢

 

鉢サイズ
8号鉢×4個(直径24cm、深さ24cm、用土の量5.5リットル) リッチェル
12号鉢×4個(直径36cm、深さ36cm、用土の量19リットル) リッチェル

 

用土
サフィニアの土(プロトリーフ)

 

肥料
置肥(固形肥料)。プロミック8-12-10
液肥(ハイパネックス原液 6-10-5)

 

置き場所
日当たりの良い野外
日当たり AM8時~PM4時

 


 

★参加団体・小学校を大募集!「大きな花プロジェクト」キャンペーンサイト

 

 

古い記事:
「マックスマム」が2016年3月18日のめざましテレビで紹介されました!

新しい記事:
大きな花プロジェクト2016「大きな花で街を彩ろうキャンペーン」マックスマム当選団体を発表!

このページのトップへ