サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

【気合マックスPJ2016】マックスマムとビーダンス、5月中旬(夏日あり)の様子

2016年05月27日

"サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育ててみました"

大きく育つサントリーのお花「マックスマム」と「ビーダンス」を、

サントリーフラワーズ社員が育てて満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介しています!

 


 

■パイン(愛好家)■

◆5月19日

連休も終わり、気温も上がりマックスマム、ビーダンス

ともに花を良く咲かせ大きく生育しています。
マックスマムはレッドが一番大きいでしょうか。

横に横にと株が広がり一番花が遅かったレッドも
今は花をたくさんつけています。

初期から花を良く咲かせていたホワイトは、
花つきは良いけれど株は小さめです。

 

ビーダンス。

週2回ほど液肥を与えています。
5月も中旬に入り何とか日中は
日が当たるようになって来ました。

 


 

■おおあみぱぱ(愛好家)■

◆5月14日(月)

 

 

 

 

◆5月22日

 

 

庭のマックスマムは元気です。

庭花壇のビーダンスはマックスマスの勢いに負けて、少しかわいそうです。

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

◆5月21日

 

巨大に生長したマックスマム・ピンク(昨秋植え)、
まだまだ花がたくさん咲いていますが、
株元の葉の枯れが気になったので、早めに切り戻しました。

切り戻す前に、もう一度真上から撮影してみました。
隣に置いたのは直径30cmの10号鉢です。

 

案の定、茶色く枯れた葉がいっぱいです。
明らかに水切れさせたことが何度かあるので、その影響でしょう。
緑の葉を残すため、先週切り戻したイエローよりも枝を長めに残しました。

そして、茶色くなった葉をきれいに取り除き、さっぱりさせました。
茶色くなった葉をそのままにしておくと、

これから梅雨期→盛夏期にカビ病を誘発するため、
少々面倒ですが、しっかりおさえておきたい作業ですね。

 


■あおぴょん(一般)■

◆5月15日

ベランダがカラフルな花でいっぱいになってきました!

「マックスマム」のレッド10号鉢とホワイト8号鉢の比較。
8号鉢は土の量が少ないので軽く、
限られたスペースで育てる場合はよいです。
但し、更に株が大きくなると、10号鉢でも植え替えが必要な様子です。

 

写真のハサミを入れている花や、手前の花のような
咲き終わった花は、葉のすぐ上で切ります。
花がらを摘むことで、新しい花にエネルギーを向かせます。
枯れた花は病気が付きやすいので、
早めに摘み取ることで予防になりますし、見た目も綺麗になります。

 

◆5月20日

ベランダで花を眺めてリフレッシュ!
花のある暮らしは、心に潤いを与えてくれます。

「マックスマム ピンク」と「ボンザマーガレット ローズピンク」の比較。
「マックスマム」は、大きな花を咲かせてくれるので、育てることが楽しいです。
「ボンザマーガレット」は、こんもりとまとまりが良く、

たくさんの花を咲かせてくれるので嬉しいです。

 


 

■タムタム(プロ)■

 

 

 

 

 

 

マックスマム
今週の潅水は毎日、晴天の日は1日2回。
うち液肥を2回
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)

 

マックスマムは8号と12号の比較という事では

12号の方が豪華+長持ちするような気がします。

 

 

ビーダンス
今週の潅水は晴天時に1回。
うち液肥を1回(ハイポネックス原液の500倍希釈を3リットル).

 

《おまけ》

 


 

★ブログカテゴリー:「気合マックスPJ2016

★「マックスマム」と「ビーダンス

★「参加団体・小学校を大募集!「大きな花プロジェクト」キャンペーンサイト

 

 

カテゴリ:

ビーダンス

バックナンバー:

2016年05月

ビーダンスのおすすめ記事

秋のプレマム特集

 

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.