サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

「サフィニアと楽しむ栽培日記2018年」3月下旬~4月上旬

2018年04月06日

こんにちは、チバです。

2018年春、豪華に咲きあふれる「サフィニア」をサントリーフラワーズ社員が皆さんと一緒に育てて楽しみます!生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介いたします。

 


 

■るんるん(初心者)■

◆2018年3月20日

るんるんです。

初めてサフィニアを栽培します!

2株をそれぞれ 8号鉢に一株ずつ植えました。どのくらい大きく成長できるのか楽しみです♪

特に、サフィニアアートとのハートの形が本当に出てくれるのはかは、とっても期待してます。

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

◆2018年4月1日

季節が急に進み、初夏の陽気。日中はちょっと体を動かすだけで汗ばむほどです。暖かさに誘われて、サフィニアたちが順調に生長しています。

 

画像は植付けから2週間後のサフィニア・パープルです。2回目の摘芯はまだしていませんが、大きく分厚くなった古い葉を適宜切り取っています。

これを行なうと、脇芽の生長を促したり、大きな葉の下に隠れた新芽に日光が当たるようになります。

 

それに、土に接している葉が少なくなり、病気予防にも効果的です。一気に切り取ってしまうと、光合成が進まなくなるので、徐々に行なうのがポイントです。

 

おまけ 冬越ししたサンパラソル(クリムゾン)

 

冬越ししたサンク・エール(ホワイト)

冬の間、ベランダに放置したままでしたが、両方とも緑のままです。

昨年の新商品サンク・エールは、暑さにも寒さにも病虫害にも強く、とても育てやすいです。初心者の方におすすめです。

 


 

■あおぴょん(一般)■

◆2018年3月24日

春分の日、横浜では桜が開花しているのに雪が降りました!

寒暖差のある中で、サフィニアの新芽は元気に育っています。

プランターからはみ出た新芽は、分枝を促進して花数を多くするために摘み取ります。

 

おまけ

まるい手毬のような「花手毬~絢~」は、優れた耐暑性と耐病性があります。昨年の春から育てている苗が、寒さも乗り越えて咲いてくれました。

 

和洋どちらの雰囲気にも合うので、たくさん咲いた花を摘み取って、部屋でも楽しんでいます。

 

◆2018年3月31日

暖かい日が続き、サフィニアが蕾をつけ始めました。

このまま花を咲かせてもよいのですが、植え付けから2~3週間の間に摘芯を2~3度繰り返し、花数が多くボリュームのある株に仕立てます。

ホームページ「より詳しく知る摘芯」はこちら

 


 

■ポチ(一般)■

◆2018年3月25日

植え付け後、東京では雪の舞うような気温の日があり、あわてて軒下や玄関内に取り込みました。春先は天候が定まらないので、注意が必要ですね。

 

幸い、株は傷むことなく無事でしたので、最初の切り戻しを実施しました。

 

また、追加で長プランターにサフィニア・ベルベットブルーとヘブンリーブルーを3株ずつ、肥料入りの新しい培養土で植えつけました。

こちらは、買ってきた苗の茎が伸びてきていたので、植え付けてすぐ切り戻しも実施しました。

 

おまけ

今年の新商品、ミリオンベルの大輪系シリーズのグランホワイト(2株/鉢)、グランブルー(3株/鉢)、グランアクア(3株/鉢)です。

 

こちらは植えつけて2週間、花もいくつか咲いてきましたが、さらに枝数を増やすため、このあと切り戻しを実施しました。

 

◆2018年4月1日

切り戻しして1週間たち、わき芽が出てきました。

 

 

おまけ

コロロ・マンゴーがさらに咲き進みました。

 


  

18年春 サントリーフラワーズ社員がサフィニアを皆さんと一緒に育てて楽しみます!

~「サフィニアと楽しむ栽培日記2018年」~

 

 

カテゴリ:

サフィニア

バックナンバー:

2018年04月

サフィニアのおすすめ記事

ブルーシクラメン特集

 

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.