サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

気合マックスPJ2015 の記事

【気合マックスPJ】サフィニアマックス8月中旬(2015年8月21日更新)

2015年08月21日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■サンゴリ(愛好家)■

 

◆8月15日(土)

前回8月4日のレポートに「サフィニアマックスは開花のピークを過ぎて
徒長して花数が減ってしまった」と書きましたが、切り戻しする時間がなく、

そのままにしておいたら、1週間で花数がグッと増えました。

どうやら私の勘違いだったようです。大変失礼いたしました。

猛暑続きでも、よく咲き、ピンクの色が褪せてません。
ほんと暑さに強いですね。

 

サフィニアマックスは肥料が大好きなようです。
梅雨明け頃までは、サフィニアと同じように、緩効性肥料「ビガーライフ」を月1回、
液体肥料「サフィニアの液肥」を週1~2回ペースで与えていましたが、
それでは間に合わないらしく、株が生長すると新芽の葉色が悪くなります。
そのため「ビガーライフ」を月2回にし、水遣りの度に一定の希釈濃度より薄めた
「サフィニアの液肥」を与えるようにしました。
こんなに生育旺盛で、縦にも横にも大きくなるのですから、
肥料食いは当然なのかもしれません。

 

サフィニア・ヘブンリーブルーやイエローも満開です。
ヘブンリーブルーの枝垂れ方が美しいですね。

 

 

 

◆8月18日(火)くもり

猛暑が落ち着き、朝晩は若干過ごしやすくなりました。
これから秋に向けて、マックスたちにもうひとガンバリしてもらいましょう。
というわけで、マックスもサフィニアもブリエッタもバッサリ切り戻しました。

サフィニアマックスやサフィニア、ミリオンベルを「秋にもう一度花を咲かせよう」と
思われている方は、遅くとも今月中の切り戻しがおすすめです。
それから、これからの時期は台風に注意しましょう!

 

 


■タムタム(プロ)■

 

8月15日

今週も暑いです。結局猛暑日は14日続きました。
昼間は直射日光がさんさんと降り注ぎぐったりしおれています。
その中でパープルは花のしおれがあるが株は頑張っています。

 

ピンクのスタンドは復活、枯れ枝の除去等手入れを入れました。

 

先週からパープルは毎日液肥をやっています。
潅水がわりに1500倍を3リットル。
ピンクは8/15日に500倍を3リットル。
花がら取りは1回/週。

 

おまけ

 

 

 


 

■ミディ(初心者)■

 

◆8月10日

 

◆8月12日

 

◆8月16日

前回の報告(8月3日)から約2週間。

ずっとこんもりした満開状態が続いています。この酷暑の中、

難しい手間もいらず咲き続けるサフィニアマックス、私のような初心者にはとても助かります。

3号ポット1苗でこの大きさに育ち、3回切り戻しても毎回見事に花を咲かせてくれて、

コストパフォーマンスが抜群ですね!

 

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2015

バックナンバー:

2015年08月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス8月中旬(2015年8月19日更新)

2015年08月19日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■ふうらん(プロ)■

 

◆7月5日

お久しぶりです。梅雨入り前にピンチをして、大体1ヵ月後くらいの様子です。

 

 

 

 

 

1ヶ月前にピンチ(摘心)したサフィニアマックスは再び花をつけましたが、
ピンチせずにそのままにした株はダラーと伸び始め
見るも耐えないほどになってしまったのでピンチをしました。
夏本番を向かえどれだけ株が持ってくれるか楽しみです。

 

徒長した株

 

徒長株をピンチ

 

 

 

◆8月6日
前回ピンチした株はこの猛暑でだいぶ成長が緩慢になってきましたが
それでも枯れることなく新芽を分枝して花をつけてくれています。
水遣りも大変で毎日やっても追いつかないくらいです。

 

 

 

 

 

 

◆8月15日
全体的にいい感じで花が咲いてくれています。
これで今シーズン何度目の満開か!
ほんとに長く楽しめています。

 

 

 

 

 

 

固形肥料は2~3回程度で1回当たり6~7粒程度しかやっておらず、

液肥は1回もやっていません。

肥料⇒水遣り⇒ピンチ⇒満開⇒水遣り⇒ピンチ・・・

というような感じで早いサイクルで生育しています。
このまままた秋まで咲いてくれることを祈りがんばります。

 

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2015

バックナンバー:

2015年08月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス8月2週目(2015年8月14日更新)

2015年08月14日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■タムタム(プロ)■

 

8月10日(月)

甲府は11日続きの猛暑日が続きました。花もよく耐えていると思います。

パープルは株中(かぶなか)の葉は少し

少なくなって来ましたが元気に大きくなっています。

 

ピンクのスタンドは復活の兆しがはっきりして来ました。

 

ピンクのつり鉢

 

3日間留守にしていましたが自動潅水のお陰で枯れなくて良かったです。

作業は花がら、腐れ葉取り1/週、8/9日に液肥、各鉢500倍を3リットル

 

おまけ

 

 


 

■パイン(愛好家)■

 

8月7日

梅雨明け後に切り戻したサフィニアマックス・パープルは、
充分に直射日光に当たることができたので、
まとまりよくきれいな草姿で咲いています。

毎朝見るたびに大きく育っています。

 

パープルに比べるとピンクは少し横に広がり始めました。
やっぱりパープルは上に伸びたいタイプのようです。

このところの猛暑で、さすがのサフィニアマックスも
昼頃からは萎れ気味になってきたので、
午後からの直射日光を避けられる場所を考慮中です。
秋から春にかけては日当たりが悪い庭も、
太陽の位置が高い夏は日当たりはバッチリです。
まさか、日の当たらない場所を探す羽目になるとは...。

 

おまけ

気象観測史上初の連日猛暑ですが、サンビーナスは元気です。

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2015

バックナンバー:

2015年08月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス8月上旬(2015年8月7日更新)

2015年08月07日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■タムタム(プロ)■

 

8月1日(土)

 

 

 

 

今回、サフィニアパープルは切り戻しをせずに
どこまで状態を保てるかチャレンジしました。
猛暑日が続く厳しいこの盛夏に、ここまで状態を保てるのは
サフィニアマックスならではの強さです。

 

ですが、梅雨の時期は状態が悪くなりやすくなるので、
みなさんには一度切り戻しをすることをおすすめします。
サフィニアマックスは切り戻し後の復活も早いので
初心者の方にも育てやすいと思います。

 

この1週間は連日猛暑、内2回夕方の雷雨もありました。

8月1日に薬散、液肥を各鉢500倍を3リットルをやりました。
(ピンクのスタンド鉢はやっていません)
花柄、腐れ葉取り1回/週。

 

おまけ

 

 

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

 

7月22日(水) 晴れ

7月7日にかなり短く切り戻したサフィニアマックスは、もう花が咲き始めました。
梅雨明け以降、好天が続いているせいか、とても早いです。
日光消毒のおかげでカビも一掃できました。

 

7月27日(月) 晴れ

株が広がり、花数が増えてきました。満開間近です。

 

8月4日(火) 晴れ

撮影をサボっていたら(すみません)、開花のピークを過ぎてしまい、
徒長して花数が減ってしまいました。また切り戻すことにします。

 

ハンギングにしたサフィニアマックスがちょうど見ごろになってます。
サフィニアマックスは枝垂れないので、ビニールむき出しですね。予想外でした。。。

 
おまけ
サフィニア・ヘブンリーブルーがキレイに咲いてます。
満開の姿もいいですが、私はこれぐらいの咲き加減が一番好きです。

ヘブンリーブルーは、暑さに強く、生育旺盛、花つき・花もちともに大変良く、
とっても優秀な品種だと思います。
花色がとても爽やか&涼し気なので、夏のお花としておすすめです。

 

35度以上の猛暑日が続いています。
みなさん、庭仕事中の熱中症にご注意ください。

ここは集合住宅の8Fで、日当たり良く、
コンクリートの照り返しも強いため、日中は45度以上になります。
人間なら1時間もいたら熱中症で倒れるでしょう。
植物にとっても過酷な環境だと思いますが、枯れないだけでも偉いのに、
花も咲かせてくれています。生命力の強さに感心します。

 

 


 

■ミディ(初心者)■

 

7月26日
切り戻し(7月15日)から約10日。
新芽がもりもり出てきて、つぼみもいっぱいです。

 

8月3日
切り戻し(7月15日)から約20日。
天候にも恵まれ、どんどん開花してきました。
満開が楽しみです!

 

 


 

■ポチ(一般)■

 

8月3日

7月21日に切り戻したあと、お天気続きで枝葉を伸ばしてきましたが、
日中の強い日差しに茎が倒れがちで、全体の形が良くないので、
再度15~20cm切りました。

 

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2015

バックナンバー:

2015年08月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス7月下旬(2015年7月30日更新)

2015年07月30日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■タムタム(プロ)■

 

◆7/11

切り戻しをしないでどこまで咲かせられるか頑張っていましたが、
11日間の雨と台風の中出しっぱなしの環境のため、花がぼろぼろに。

この時期になるとアブラムシやうどんこ病などの病害が出るので

薬剤散布をしました。花は薬をまいたので元気がありません。

雨のせいにしたく無いですがこんな長雨は初めて。
他のメンバーたちがみな刈り込んでいるので刈り込まないで

やってみたのですが、やまり刈り込みをした方がよいですね。

新しい花は復活すると思いますので
パープルは引き続き刈り込まずにやってみます。

 

ピンクのスタンド鉢はこのままだと頓死の恐れが
あるのでやむなくピンチをしました。

7/11に薬散し、7/12日に液肥、各鉢500倍を3リットル。
花がら取り1回/週

 

 

◆7/20

7/11に刈り込んだピンクのスタンド鉢の様子です。

まったく葉の無い状態になってしまいましたが生きています。

 

7/11に薬をまいた後のパープルの様子です。

新しい花が咲いて復活してきました。

 

 

7/5に新たに植えたピンクのつり鉢の様子です。

順調に育っています。花色も綺麗に発色しています。

7/20の作業:花がら取り2回/週、液肥各鉢500倍を3リットル
(ただしピンクのスタンド鉢は1000倍を2リットル)

 

 

◆7/25

先々週に刈り込んだピンクのスタンド鉢は
みどりの茎からついた葉が成長して復活してきました。

長雨でダメージを受けた後でも諦めずに刈り込んでみましょう。

 

7/11に薬をまいたパープルも7/20に比べ半分以上復活。

完全復活まであともう少しです。

 

 

植え直したピンクのつり鉢も順調にさらに大きくなっています。

花がら取り2回/週。
元肥各鉢10粒(ピンクのスタンド鉢はやっていません)。
液肥各鉢500倍を3リットル(ピンクのスタンド鉢は1000倍を2リットル)

 

きちんと世話をすれば、どの花も元気になりますので

みなさんも頑張ってください。

 


 

■パイン(愛好家)■

 

7/26

7/9に切り戻したサフィニアマックスピンクが花を咲かせてきました。
梅雨中に切り戻しをして日照が足りなかったせいか、
なんだか花が小さくなってしまいました。

 

梅雨明け後の7/14に切り戻したパープルとグレープは
暑い日ざしを浴びてモリモリ育っています。
まだ2週間足らずなのに、こんなにたくさんつぼみをつけています。
「君たち生育良すぎ~!」と、思わず独り言をつぶやいてしまいました。

 

 


 

■けんたこ2000(一般)■

 

7/25

ちょうど切り戻してから2週間後の状況です。
写真をたくさん撮ったはずが1枚しか保存されてなく、写真はこれだけです。
かなり強めに切り戻ししましたが、2週間でここまで復活してくれました。
あとはこの猛暑の中、水切れ・肥料切れを起こさないように気をつけて管理していきます。

 

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2015

バックナンバー:

2015年07月

2ページ(全8ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.