サントリーフラワーズ花とおしゃべりブログ

「マックスマム」のおすすめ記事

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズの春夏のお花4品種が

ジャパンフラワーセレクション日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2016

ガーデニング部門にて下記のとおり受賞いたしました!

 

 

■「マックスマム(ピンク)」
ベストフラワー(優秀賞)[ブリーディング特別賞 同時受賞]

◆審査講評◆「生育のスピードがとても早く、株はバランス良くこんもりと成長する。

従来のマーガレットのように花の高さが揃わず、微妙に高低がついて咲くことで立体的に見え、自然な雰囲気もでている。
マックスマムシリーズの中でも一番1株のボリュームがあり、花も大きかった。花の中心部は茶色で蛇の目状に見え かわいらしく、赤い覆輪が入るところもアクセントになっていて印象的。ベスト・フラワー(優秀賞)と「育種技術により花の芸術性・商品性を高めた品種」としてブリーディング特別賞を同時受賞した。」

 

 

■「サンパラソルジャイアント(エンペラーズクリムゾン)」

ベスト・フラワー(優秀賞)[グッドパフォーマンス特別賞 同時受賞]

◆審査講評◆「濃くて格調高い赤色の花、花の大きさにもインパクトがある。高温になると赤色がかすれる品種や逆に花色が濃くなる品種もあるが、この品種の花色は安定しており、花数も多く改良されている。赤色の花と濃くつややかな葉色の対比も美しかった。

分枝性も改良されており、低い位置から開花するので、高く生長しても株元がさみしくならない点も評価された。花色、花型、花数、全体のパフォーマンスが優秀な品種として、ベスト・フラワー(優秀賞)とグッドパフォーマンス特別 賞を同時受賞した。」

 

 

■「フェアリースター (パープル)」
ベスト・フラワー(優秀賞)[グッドパフォーマンス特別賞 同時受賞]

◆審査講評◆「細めの花弁の小輪系ニチニチソウ。赤みのある紫色で、単色遣いだけでなく、明るい色との組み合わせで寄せ植えしても濃い色味が生きてくる。

開花期間中、花色は安定していた。生育は旺盛で、花つきよく、株のバランスも良い。枝の伸びに長短が出るところも動きが出て、夏には涼しげでよい 。かなり大株になるので、満足度は高いと思うが、植栽間隔を誤らないよう注意したい。
扱い易く、育てやすい優秀な品種として、ベスト・フラワー(優秀賞)とグッドパフォーマンス特別賞を同時受賞した。」

 

 

◆「ソワレ(ピーチ)」◆

ベスト・フラワー(優秀賞)【同時受賞】モーストジョイ特別賞ニュースタイル特別賞

◆審査講評◆「オレンジ味をおびたペールピンクのやさしい花色。花弁の中心から、数枚の細い花弁が伸びてきて八重咲きの様になる個性的な花形のニチニチソウ。葉は少し撚りの入った照り葉。花の高さに多少の高低が出て、風に揺れるような観賞価値がある。花の高さが揃っていなくても株揃いの良さは感じられた。
耐暑性があり、ボリュームも出るが、生育は比較的緩やか。花壇に直接植栽しても、コンテナでもオールマイティに楽しめる。生育後期になっても花数が減らない点も優れている。
これまでにない新たな花型、葉型、草姿等を持ち、業界にインパクトを与える品種としてベスト・フラワー(優秀賞)とニュースタイル特別賞、楽しい気分をもたらしてくれる品種としてモーストジョイ特別賞を同時受賞した。」

 

ジャパンフラワーセレクション(JFS)とは2006年4月から

スタートした日本における統一的な新品種のコンテストです。

国内の花き業界を代表する、学識経験者、流通関係者、
小売関係者、造園・デザイン関係者などから成る審査委員が、
総合的に判断する、中立的な機関による審査となります。

 

日本フラワー・オブ・ザ・イヤーの詳細についてはコチラ。
ジャパンフラワーセレクションHP(外部サイト)

 

 

2017年3月 1日  【 アズーロコンパクト・サフィニア・サフィニアシリーズ・マックスマム・タピアン・花手毬~絢(あや)~・旧花手毬 】

サフィニアシリーズやマックスマム、新商品 花手毬~絢(あや)~等の花苗販売がスタートしました!

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズの春の花苗が本格的に園芸店に並び始めます!

 

★販売スタート!★

マックスマムビーダンスキララ花手毬~絢(あや)~

アズーロコンパクトサフィニアサフィニアマックスサフィニアアート

サフィニアブーケサフィニアフリルブリエッタタピアン

 

★ピックアップ♪★

サフィニア

1989年に発売、1990年代のガーデニングブームに町中の花壇を賑わせた

サフィニアの30周年へと続くプロジェクト<サフィニアFLOWERフェス>も

今年から始動し、ますます盛り上がりそうなサフィニアシリーズです!

 

サフィニアアート

ピンクのハート模様が可愛い「ももいろハート」は

今年も早くも人気が集まっているようです。

 

花手毬~絢(あや)~

今年の新商品です。鞠のような花房が可愛い丈夫なバーベナです。

早生で大輪なのに、優れた耐暑性と耐病性が特徴です。

 

アズーロコンパクト

優しくふんわりドーム状に咲き広がる、定番人気のお花です!

 

マックスマム

草姿も花も最大級のマックスマム!

 

▼植え込み:2016年3月20日 / 撮影:2016年6月3日

 

▼植え込み:2015年10月 / 撮影:2016年5月21日

驚くほどの生育スピードで、一株でも圧倒的に大きくなります♪

 

お近くの販売店は、こちらから検索頂けます。

花苗を検索する(フラワーナビ)

 

通販サイトでも春の花苗を順次販売中です。

通販サイト「サントリーフラワーズネット」

 

 

2017年2月21日  【 プレミアム マム・マックスマム・キララ・ビーダンス・ボンザマーガレット 】

春が待ちきれない方に!サントリーフラワーズの「プレマム特集」

こんにちは、チバです。

本格的な春が待ちきれない方にぜひおすすめしたい

マム(=洋菊)シリーズ プレミアム"マム"、通称「プレマム」。

まだ気温の低い早春からすぐに花をつけ、

初夏まで元気に生育するので、長く楽しめます♪

「プレマム」でいち早くガーデニングのスタートを切りませんか?

「プレマム特集」はコチラ

 

オンラインショップ サントリーフラワーズネットでも

「プレマム特集」をご紹介中です。

オンラインショップ「プレマム特集」はコチラ

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

さらに今ならプレマム花苗ををご注文の方の中から抽選で

100名様に非売品の「ビーダンス バッチ」をプレゼントします!

プレマム<ビーダンス バッチ>プレゼントキャンペーン詳細はコチラ

 

サントリーフラワーズ社員が「マックスマム」「ビーダンス」を

2016年3月から育てた生育過程と写真をご紹介中です。

ぜひ育成・栽培の参考にしてみてください。

【気合マックスPJ2016】サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育てます!

 

 

2017年2月16日  【 気合マックスPJ2016・プレミアム マム・プレマムPJ・マックスマム 】

まとめ「マックスマム」8号と12号の栽培比較【2016年2月~7月にスタッフが育てた栽培記事】(気合マックスPJ2016より)

こんにちは、チバです。

ガーデニング愛好家の弊社スタッフ タムタムによる2016年3月~7月に
春の花苗「マックスマム」を育てて満開に咲かせていった生育過程を
ひとつの記事にまとめましたので、ぜひご参考になってみてください。

掲載スペースの都合で載せられなかった新しい写真やレポートも追加♪

※地域や日当たりの条件など環境により異なります。

  


 

◆2016年3月13日

本日、8号鉢と12号鉢にそれぞれ1株植えで4種類を植えました。

鉢サイズで株の大きさ(豪華さ)がどれ位違うかの比較をします。

 

 

 

置肥を8号鉢では5粒、12号鉢で8粒置きました。
ノーピンチでの植え込みです。置き場所は野外です。

 

目的
鉢サイズで株の大きさ(豪華さ)がどれ位違うかの比較する。
鉢サイズは8号サイズと12号サイズで行う。

基本事項
品種 マックスマム イエロー2鉢、ピンク2鉢、ホワイト2鉢,レッド2鉢

 

鉢サイズ
8号鉢×4個(直径24cm、深さ24cm、用土の量5.5リットル) リッチェル
12号鉢×4個(直径36cm、深さ36cm、用土の量19リットル) リッチェル

 

用土
サフィニアの土(プロトリーフ)

 

肥料
置肥(固形肥料)。プロミック8-12-10
液肥(ハイパネックス原液 6-10-5)

 

置き場所
日当たりの良い野外
日当たり AM8時~PM4時

 


 

◆2016年3月19日

 

 

 

この1週間は何もやっていません。

 


 

◆3月26日

 

 

 

 

この1週間は潅水2回、内1回は液肥

(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル

 


 

◆4月2日

 

 

 

 

この1週間は潅水3回、内2回は液肥

(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル)

 


 

◆4月9日

 

 

 

 

開花が進んでいます。4月3日に薬剤散布をしました。
(アドマイヤー、コロマイト、カスケード、アミスターの混合液)。

マックスマムは潅水3回、内2回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル。)

 


 

◆4月16日

ピンクの12号鉢からホワイトが咲きました。植え間違えたようです。

今後、ピンクは比較が出来ないので8号に植わっているピンクを
12号に植え替えて観察して行きます。

 

 

 

作業は潅水4回、内2回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)

 


 

◆4月23日

 

 

 

 

潅水は毎日、内3回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル)

 


 

◆4月30日

 

 

 

生育、開花共に順調に進んでいます。この1週間は潅水は毎日、内3回は液肥

(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル)

 


 

◆5月7日

 

 

 

生育、開花とも、順調に進んでいます。
5月1日にサフィニアの元肥を8号鉢に5粒、12号鉢に10粒を置肥。
5月2日に薬散(アドマイヤー、プレオ、スプラサイド、サルバトーレの混合液)。
潅水は晴天の日は2回/1日。
液肥は2回(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)。

 


 

◆5月14日

 

 

 

 

 

 

 

順調に生育しています。花数も増え最盛期に近づいて来ました。

この1週間の潅水は毎日、晴天の日は2回/1日。

液肥は2回(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)

 


 

◆5月21日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週の潅水は毎日、晴天の日は1日2回。うち液肥を2回

(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)

マックスマムは8号と12号の比較という事では

12号の方が豪華+長持ちするような気がします。

 


 

◆5月28日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1週間は潅水は晴天の日は1日2回、以外は1日1回

液肥は2回(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)

 


 

◆6月4日

 

 

 

 

マックスマムの潅水は晴天日は2回/1日。他1回/1日。
液肥は2回/週(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)。
6月4日に12号は10粒、8号は5粒の置肥をしました。

  


 

◆6月14日

マックスマムをピンチ(刈り込み)しました。

 

 

6月17日には植え替えをし、新しい用土を入れました。
夏越しを目指して日陰の場所で管理します。

 


 

◆7月10日

6月26日に薬散(コナジラミ・アブラムシ・ダニ)に効く4種混合液を散布する。

7月1日に液肥をする(ハイポネックス原液の500倍希釈を2リットル)

7月16日に置き肥を各鉢10粒をやる。その他は潅水のみの作業です。

 


 

◆12月24日

 


 

春の花苗「マックスマム

記事カテゴリー「気合マックスPJ2016」

 

2016年11月25日  【 プレミアム マム・プレマムPJ・マックスマム・ビーダンス・セネッティ・ボンザマーガレット 】

【プレマム満開PJ2016】秋植えの様子、春植えの夏越しの様子も!(11月下旬)

 

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

秋冬ガーデニングの新定番としておすすめする、マム(洋菊)シリーズ、

通称「プレミアム"マム"」のビーダンス、ボンザマーガレット、セネッティを

社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■けんたこ2000(プロ)■

◆11月20日

前回の報告から3週間後、植えてから6週間後の様子です。
ボンザマーガレットの株が非常に充実してきました。

レモンイエローは花がちらちらと咲き始め、
他の花色も蕾が上がってきています。
全て年内に開花を楽しめそうな状況です。

 

 

 

植えて1ヵ月後から追肥として、置き肥を3粒、週に1回の液肥を与えています。

またこの時期は土が乾きにくいので、水の与えすぎに気をつけています。

多少乾いてもボンザマーガレットは水切れにも強いので、
あまりストレスにならないのが良いですね。

 

おまけ

昨年秋のプレマム満開PJで植えていたマーガレットの続報。
置き肥を5粒と、週に1回の液肥を与えています。
新芽も増え、葉も青々しくなってきました。

 

 


 

■ サンゴリ(愛好家)■

◆11月22日(火) 雨→晴れ

セネッティの株がいい感じにしまっています。

左:ラベンダーバイカラー 右:ブルーバイカラー

 

左:レッド 右:ブルー

プランターに3株ずつ植えていますが、葉が広がって境が見えなくなってきました。
1ヵ月遅れて定植したレッドもグングン大きくなっています。

 

秋冬仕込みの第3弾としてミルフル・イエローフリルを植えました。

ヤシマットのハンギング(40cm)に2株ずつです。

一株一株、花の顔(色や大きさ・フリルの出方など)が違うのがミルフルの特徴ですが、
今回はあえて同じような顔をした2株を一緒に植えました。
大好きな黄色の花を植えて、今秋冬の仕込みは終了です。

 

今週は雪の予報が出ています。東京で11月に初雪が降るのは54年ぶりだとか。
花たちを避難しないと、ですね。

 

おまけ

前回11月13日のレポートにマックスマム5株の画像をUPしましたが、
もう一株ありました。ホワイトです。

小さめのプランターに植えたせいか、他の5株に比べてコンパクトです。

 

それから、昨年の秋冬に植えたボンザマーガレット・ルージュピンクも健在です。

蕾がたくさん上がっており、開花が楽しみです。

 

 


 

■あおぴょん(初心者)■

◆11月20日

植え込みから一ヵ月半の様子です。

園芸上級者の方は、株の生育を優先させるために蕾を摘むこともあるそうですが、
初心者の私は、可哀想なのと早く咲かせたい思いでできません。
株とお日様の力に任せて、水遣りのタイミングだけ気をつけて育てています。

 

ビーダンスからは蜂蜜のような甘い香りが漂っていて、幸せな気分になります。

 

ボンザマーガレットは蕾がたくさんで、ワクワクします!

 

セネッティは、一つだった蕾が一週間で四つに増えました。

 

おまけ
春に植えて、夏を越した「マックスマム ピンク」です。

 

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆11月19日

 

ビーダンス レッドストライプ

 

 

ビーダンス レッド

 

 

ビーダンス イエロー

 

先週は潅水のみの作業でした。
レッドストライブに続き、レッドも開花しました。
イエローは小さなつぼみはありますがまだです。

 


 

"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★2015年の栽培まとめ

「セネッティ」栽培まとめ【2015年10月~2016年5月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

「ボンザマーガレット」栽培まとめ【2015年10月~2016年4月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

 

 


 

 

このページのトップへ