サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

プレマムPJ の記事

【プレマム満開PJ2016】植え込み1ヵ月後ほど(2016年11月中旬)

2016年11月11日

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

秋冬ガーデニングの新定番としておすすめする、マム(洋菊)シリーズ、

通称「プレミアム"マム"」のビーダンス、ボンザマーガレット、セネッティを

社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ あおぴょん(初心者)■

◆11月8日

植え込みから1ヶ月経過。

セネッティは、しっかりと根付いた様子で、モリモリ育っています。

追肥として、1000倍に希釈した「サフィニアの液肥」を与え、

固形肥料の「ビガーライフ」を1株に2粒ずつ置き肥しました。
「サフィニアの液肥」は、ポンプのノズルを押すだけで
最適な濃度の肥料が作ることができるので楽です!
「サフィニアの液肥」と「ビガーライフ」は、
サントリーフラワーズの通信販売で購入できます。

 

ボンザマーガレットは、新たに3株植えました。
今日植えたのは前の3鉢、後ろの4鉢は植え付けて1ヶ月の株です。

 

 

春に植えて、夏を越したボンザマーガレットのホワイトが咲きました。
ボンザマーガレットの開花時期は、3月~6月と10月~12月。
春も秋も花が咲き、種類も豊富で育てやすいので、おススメです。

 

おまけ
窓辺に咲くミルフルに心が和みます。

 


 

■ポチ (愛好家)■

◆11月7日

最近の様子です。
セネッティーはとてもいい状態でしまった株に成長しています。
虫の被害もありません。

 

ボンザマーガレットも、大きな鉢になじんできたようです。
つぼみもあがってきています。

 

 

追加で植えた、ボンザマーガレット ピンクサンライズとルビー。

 

おまけ フィオリーナ

 


 

■タムタム(プロ)■

◆11月5日

 

ビーダンス レッドストライプ

 

ビーダンス イエロー

 

ビーダンス レッド

11月5日、ビーダンスに液肥をやりました。

特に変わった事はありません。

 


 

"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

【プレマム満開PJ2016】の記事をまとめて読む

 

★2015年の栽培まとめ

「セネッティ」栽培まとめ【2015年10月~2016年5月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

「ボンザマーガレット」栽培まとめ【2015年10月~2016年4月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年11月

【プレマム満開PJ2016】セネッティ植え込み1ヵ月後/ボンザマーガレット・ビーダンス植え込み3週間後(2016年11月上旬)

2016年11月04日

 

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

秋冬ガーデニングの新定番としておすすめする、マム(洋菊)シリーズ、

通称「プレミアム"マム"」のビーダンス、ボンザマーガレット、セネッティを

社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ サンゴリ(愛好家)■

◆11月1日(火) くもり

5号ポットに仮植えしてからちょうど1ヵ月が経過したセネッティを移植しました。

今回セネッティの定植用に使ったのは、elho製の変形プランター
【7号鉢(直径21cm)3個をくっつけたような形。高さ16cm】です。

 

本来は室内ディスプレイ向けで、水抜き用の穴がないため、
けんたこ2000さんにグルーガンで穴を6箇所開けてもらいました。

ブルー・ブルーバイカラー・ラベンダーバイカラー
それぞれ3ポットずつ植え込みました。
急に気温が上がったり下がったりで不安定な天候でしたが、
どの株も仮植え中に順調に生育し、モリモリになっています。

 

今回使用した資材類はこちらです。

・用土:「サフィニアの土」 鉢底に「赤玉大粒」
・肥料:緩効性肥料「サフィニアの元肥 ビガーライフ」 液体肥料「サフィニアの液肥」
・農薬:「オルトランDX」と「ベストガード粒剤」を概ね1ヵ月おきに交互に使用

私は鉢底には何も敷かずに直に用土を入れることが多いのですが、
今回のプランターはプラスチック製で通気性が悪く、
水抜け穴が十分ではないため、少しでも水ハケを
良くするために「赤玉大粒」をうすーく敷いています。

 

それから、嬉しいことにレッドの苗が手に入ったので、
1ヵ月遅れではありますが、植えました。
季節的に仮植え期間を取れないため、
他と同様に3ポットずつ、elho製の変形プランターに定植しました。

秋冬の1ヵ月遅れは非常に大きいので、レッドに関しては
2回満開はまず無理だと思いますが、春の満開を目標に栽培してみます。

 

あと、レッド・ブルー・ブルーバイカラー・ラベンダーバイカラーを
1ポットずつ素焼き鉢に植えました。こちらは通気性が良いので
鉢底には何も敷かず、直に用土を入れています。

「プレマム総選挙」の途中経過ではセネッティがトップを走っています。

プレッシャーを感じていますが、
艶やかな咲き姿をレポートできるように栽培がんばります。

 

11月3日(木) 晴れ

秋冬仕込みの第2弾としてチューリップの球根を植えました。
サントリーフラワーズネットにて発売中の
「チューリップ球根50球セット《送料無料》」の一部と、
近所で購入した球根計40個を一気に植えました。

【ピンク】

バンエイミックス8個(サントリーフラワーズネットにて発売中)
黄3個 ピンク4個 紫5個 (品種不明)

【黄色】
シングレートミックス8個(サントリーフラワーズネットにて発売中)
黄1個 ピンク6個 紫5個 (品種不明)

ヤシマット仕様のプランター(65×20×16cm)2個にそれぞれ20球ずつ、
プランターの2/3ほどまで入れた土の上に球根の向きをそろえて置き、
その上から球根の頭が隠れる程度に土をかけて終了です。
それぞれの内訳はこちらです。色が偏らないようランダムに植えました。

チューリップは栽培期間の割りに開花期が短かいですが、
あの細長い三角形のつぼみが上がってくると「春が来た!」と嬉しくなります。
チューリップの球根を植える時期は11月までが目安です。
みなさんもチューリップの球根を植えてみませんか?

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆10月29日 晴れ。

植えて3週間が経ちました。
植えた後は比較的天気に恵まれて、さらに夜温も下がっていることから
締まった状態で順調に株が大きくなってきています。

そろそろ土に含まれていた元肥が切れてくる頃ですので、
次の週末には置肥を投入してみようと思っています。

 

おまけ1

10月15日に切り戻したサンパラソルに苗カバーを装着。
夜温が下がってきていることから、寒い空気から守るために
苗カバーの上部を切り抜いて装着しました。

 

おまけ2

昨年のプレマム満開PJで植えていたマーガレットの1つが、夏越しに成功しました。
2年目の株はどんな咲き方をしてくれるのか楽しみですね。

 


 

■あおぴょん(初心者)■

◆10月30日

苗を植えて三週間。
左右の苗の生長に違いがでています。

実は、どちらも同じ日に植えた苗です。

同じ環境で同じ条件で育てても、植物には個体差があります。
成長の早い子もいれば、ゆっくり育つ子もいる。人間の子供と同じです!

苗の生長の違いを楽しみながら育てています。

 

おまけ

プリンセチア ルビーアイ

寒くなる季節、一鉢の花で部屋の中も気持ちも明るくなります!

 


 

■タムタム (プロ)■

◆10月29日

ビーダンス、イエローとレッドもつぼみがほんの少し
付きましたが開花には程遠い状態です。

置肥(各鉢8粒)をやりました。
その他は水遣りのみです。

 

 


 

"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

【プレマム満開PJ2016】の記事をまとめて読む

 

★2015年の栽培まとめ

「セネッティ」栽培まとめ【2015年10月~2016年5月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

「ボンザマーガレット」栽培まとめ【2015年10月~2016年4月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

 

★「プレマム総選挙 2016秋冬 投票してプレゼントを当てよう!

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年11月

【プレマム満開PJ2016】植え込みから2週間後(2016年10月下旬)

2016年10月28日

 

こんにちは、チバです。

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

秋冬ガーデニングの新定番としておすすめする、マム(洋菊)シリーズ、

通称「プレミアム"マム"」のビーダンス、ボンザマーガレット、セネッティを

社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ポチ (一般)■

◆10月21日

秋晴れが続くようになってきたので、
仮植えていたボンザマーガレット4色を定植しました。

テラコッタ調のプランター:リッチェル ノヴェル ポット35型サイズ/Φ35×28H(cm)

白いフレアスタイルがエレガントなプランター:リッチェル ソレシア ハイポット30型 サイズ/Φ30×25.5H(cm)

鉢底には軽石を入れ、「サフィニアの土(プロトリーフ)」に、

オルトランDX粒剤を混ぜます。

 

オペラ咲きサクラと、リーフ咲きチェリー

 

ウルル咲きルージュピンクと、オペラ咲きレモンイエロー

 

セネッティ各鉢は、定植から10日あまりたち、順調に育っています。

こちらにもオルトランDX粒剤を入れました。

 

 


 

■タムタム (プロ)■

◆10月22日

 

ビーダンス レッドストライプ

 

ビーダンス レッド

 

ビーダンス イエロー

10月22日に液肥をやりました。

レッドストライブのみ開花(7輪)しています。
株の状態は各品種良好。

 

 


 

■ あおぴょん(初心者)■

◆10月23日

日毎に寒くなってきましたが、ベランダの花苗が
グングン成長する姿にパワーを貰っています。

 

ビーダンスは、3色植えました。

 

セネッティは2週間で草丈が伸び、葉の数も増えました。

 

ボンザマーガレットは、蕾がたくさんあり、開花が楽しみです。

 

おまけ

フィオリーナのバイカラータイプは、
2色楽しむことができて嬉しいです。

 

 


 

■ パイン(愛好家)■

◆10月27日

植え込みから1週間が経った今日は、ビガーライフを置肥し、
1000倍に薄めた液肥を水やり代わりに与えました。

セネッティもビーダンスも少しずつ大きくなっています。

ビーダンス レッドの1株植えは花も増えています。

期待するほどお天気が好転したわけではありませんが、
少ない日照時間にもかかわらず元気に生育しています。

10月20日のいきなりの真夏日にはびっくりしました。
日当たりの悪さが幸いし、強い直射日光に
終日当たるということが無かったので萎れも無く無事でした。

お天気が安定しないので、毎日天気予報の確認が必要ですね。

 

 


 

"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

【プレマム満開PJ2016】の記事をまとめて読む

 

★2015年の栽培まとめ

「セネッティ」栽培まとめ【2015年10月~2016年5月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

「ボンザマーガレット」栽培まとめ【2015年10月~2016年4月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

 

★「プレマム総選挙 2016秋冬 投票してプレゼントを当てよう!

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年10月

【プレマム満開PJ2016】プレミアム"マム"花苗の植え込みはじめ(2016年10月中旬)

2016年10月21日

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

秋冬ガーデニングの新定番としておすすめする、マム(洋菊)シリーズ、

通称「プレミアム"マム"」のビーダンス、ボンザマーガレット、セネッティを

社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ あおぴょん(初心者)■

◆10月16日

苗を植えて一週間。
プランターの向きをクルリと回すとビックリ!!
セネッティの葉にお絵描きが...。

これは、「ハモグリバエ」が葉の中を潜って食害しながら進み、

白い筋がついたもの。「絵描き虫」とも呼ばれる害虫が落書きした葉は、
すぐに切り取って処分しました。
被害が広がる場合は、薬剤を散布します。

 

◆10月18日
気持ちの良い天気になり、植えた苗が日光を十分に
浴びることができると思っていたところ...
午後からセネッティの葉に張りがなくビックリ!!

2015年10月のサンゴリさんのセネッティ レポの投稿に、
「植え込みから2週間程度は午後からの直射日光を避けた方が無難。
十分に根付いていないうちに直射日光を長時間浴びると、
脱水のような症状になり、根が傷むことがある。」
と書いてあったことを思い出し、急いで日陰に移動しました。

 

気が付いたのが早かったため、1時間も経過しないうちに
シャンとした葉に戻り、安心しました。

日当たりが良い場所なので、10月中は晴天の日に外出する朝は、
セネッティのプランターは日陰に移動することにします。

 

おまけ

ミルフルは、色合いがひとつひとつ違うのが魅力。
花色を選ぶことが出来ずに購入しましたが、
「この花色はこの子だけ」と思うと愛おしいです。

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆10月16日

ビーダンス レッドの葉が寒さにあたって黒っぽくなりました。

これは寒さから守るために「アントシアニン」が出る症状なので、心配ありません。

 

ビーダンス レッドストライプ

 

ビーダンス イエロー

 

この1週間、水遣り以外は何もやっていません。
朝の気温が下がり、苗が締まって来ました。
状態があまり良くなかった苗も心配無い状態に戻っています。

 


 

■ パイン(愛好家)■

◆10月17日

セネッティ・ブルーとビーダンスを植えつけました。

 

セネッティ・ブルーは8号鉢に。

 
ビーダンスは、レッドを10号鉢に1株で植え込んだものと、

 

レッドとイエローを同じ10号鉢に混色で植えました。

10月に入り、久しぶりにお日様に会えたような気がします。

パイン家では、これからの時期はお日様を求めて鉢を持って
うろつかなければならない、日陰物となってしまいますが、
さて、ビーダンスは大きく育ってくれるでしょうか。

 

 


 

"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

【プレマム満開PJ2016】の記事をまとめて読む

 

★2015年の栽培まとめ

「セネッティ」栽培まとめ【2015年10月~2016年5月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

「ボンザマーガレット」栽培まとめ【2015年10月~2016年4月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

 

★「プレマム総選挙 2016秋冬 投票してプレゼントを当てよう!

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年10月

【プレマム満開PJ2016】サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

2016年10月14日

こんにちは、チバです。

秋から早春にかけ、大きく、満開に咲き、初心者の方でも育てやすい、

キュートなキク科の"プレミアム"マム、略して「プレマム」。

 

サントリーフラワーズ社員がプレミアム"マム"を育てて満開を目指しながら、

当ブログに生育過程を写真とコメント付でご紹介いたします!

みなさんも一緒にプレミアム"マム"を育てませんか。

 

プロジェクト名は・・・

"サントリーフラワーズ社員がプレミアム"マム"で秋と春の2回満開を目指します!"

(長いので、以降「プレマム満開PJ」と明記します。)

 

さっそくレポートが来ていますので、ご紹介いたします!

この秋にプレミアム"マム"を育てる全国のガーデナーの皆様とともに

さまざまな情報を共有したり、盛り上げていけたらと思います。

 


 

■タムタム(プロ)■

◆2016年10月10日

本日、ビーダンスを植え込みました。

苗が良い状態ではないですがとりあえず植え込みました。

イエロー、レッドは3株植え。レッドストライブは2株植え

置肥を各鉢4粒置きました。

 

品種

ビーダンス 3.5号花苗 イエロー、レッド゙、レッドストライブ

 

植え込み数

イエロー、レッドを3株植え レッドストライブを2株植え

 

鉢サイズ
リッチェル レトリアカップ30型
(内寸直径24cm、深さ21cm、用土容量5.3リットル)

 

用土
サフィニアの土(プロトリーフ)

 

肥料
置肥(固形肥料) : プロミック 8-12-10
液肥 : ハイパネックス原液 6-10-5

 

置き場所 日当たりの良い野外
日当たり AM8時~PM4時

 


 

■ポチ(一般)■

◆2016年10月9日

今回も秋冬の花苗を栽培してレポートしていきます。
よろしくお願い致します。

 

ボンザマーガレット4色は、入手後のお天気が不安定だったため、
まず家にあった5号のプラスチック鉢に植えました。
少なめの土で水管理をして、根っこが張ってきたら、
大きい鉢に植え替える予定です。

 

セネッティは、ブルーバイカラーとラベンダーバイカラーを、
テラコッタ調の軽い素材の鉢(直径30cm)に各1株、
ブルーはさらに大きい鉢に3株植えました。

使用した用土は「サフィニアの土」です。
セネッティの鉢底には、水はけを良くするために、
ネットに入れた軽石を入れています。

本格的に寒くなる前のこの時期に、葉っぱを茂らせて、
株を充実させたいと思います。

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

2016年秋冬も栽培レポートを投稿させていただくことになりました。
よろしくお願いします。

 

◆2016年10月1日

私がこの秋一番に植えたのはセネッティです。
ブルー・ブルーバイカラー・ラベンダーバイカラーを3株ずつ、
5号ポットに仮植えしました。肥料はまだやりません。

 

◆10月12日

定植から11日後の様子です。

天候が不安定で日照不足気味ですが、順調に生育しているようです。
満開目指してがんばります(^^)v

 


 

■あおぴょん(初心者)■

◆2016年10月9日

「セネッティ」を育てることは初めてのあおぴょんです。
花を育てる場所は日当たりの良いベランダですが、
週末の天気は曇り。午前中のうちに、
それぞれの花に合わせたプランターに1株ずつ植えました。

 

「セネッティ」

深鉢24型 幅24×高さ26cm、6L

 

「ボンザマーガレット」
26型 幅25.5×高さ20cm、5L

 

「ビーダンス」
30型 幅30×高さ12.4cm、4L

プランターの底に「かる~い鉢底石」を入れ、
用土は元肥が入っている「サフィニアの土」を使用。
どちらもサントリーフラワーズの通信販売で購入できます。
「かる~い鉢底石」は、大きな袋の12Lサイズを
園芸店で購入した場合でも、軽くて助かります。

これから寒い季節になりますが、
ベランダを彩り豊かな花でいっぱいにしたいです。

 

(おまけ)

「フィオリーナ」と「ミルフル」も植えました。

ハンギングプランター 幅33×奥行27.3×高さ18.5cm、4.2L

 


 

■けんたこ2000(一般)■

◆2016年10月8日

今年もやってきました、プレマム満開プロジェクト。
昨年、はじめて秋冬に花(ボンザマーガレット)を育ててみて、
予想以上に上手く育てられたことに感激したのを覚えています。
その流れで今年もボンザマーガレットを担当して育てることになりました。

秋冬ガーデニング、プレマムの魅力はなんと言っても手間がかからないこと。
病害虫リスクや水遣りの頻度など、日中働いている私にとっては本当に楽でした。
それで翌年の春にはご近所さんより一足先に満開の花を楽しめます。

選んだ花色は4つ。
チェリー、サクラ、レモンイエロー、ホワイト(ラベル行方不明)です。
レモンイエロー以外は初挑戦です。
いずれも10号鉢に1株ずつ植えました。
培養土は元肥入りの「サフィニアの土」ですので、
植え込み時には何も混ぜていません。
当日はあいにくの雨でしたが、植え込むだけでしたのですぐ終わりました。

今後、動きとともに報告していきます。

 


 

★2015年の栽培まとめ

「セネッティ」栽培まとめ【2015年10月~2016年5月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

「ボンザマーガレット」栽培まとめ【2015年10月~2016年4月にスタッフが育てた栽培記事】(プレマム満開PJより)

 

★「プレマム総選挙 2016秋冬 投票してプレゼントを当てよう!

 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年10月

6ページ(全12ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.