サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

プレマムPJ の記事

【プレマム満開PJ】満開のゴールデンウィーク(2016年4月下旬~5月上旬)

2016年05月12日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■おおあみぱぱ (愛好家)■

◆5月1日

 

 

 

 

 

一週間前と比べ、西向き玄関横花壇、西南カド花壇ともに、
ボンザマーガレットが更に綺麗になりました!

皆さんに「綺麗ですね」と褒めていただき、嬉しくなります!
お花のご縁で、見知らぬ方との会話が出来、
住宅地の方々とのコミュニケーションにも役立っています。

 


 

■タムタム (プロ)■

◆4月30日

 

 

 

 

 

 

 

秋植えボンザマーガレットは、マックスマムとともに
まだまだ満開です。まだまだ大きくなっています。
大きさも70センチ以上です。よく乾きます。
気温の高い日(25℃以上)は2回の潅水です。
液肥3回(パイポネックス原液の500倍希釈を各鉢3リットル)。

 

◆5月7日

 

 

ボンザマーガレットは満開を過ぎ花がらが出て来ました。
マックスマムは満開、見ごたえ充分です。
横幅が90cmになっている物もあります。
5月1日にサフィニアの元肥を各鉢10粒を置肥。

5月2日に薬散(アドマイヤー、プレオ、スプラサイド、サルバトーレの混合液)
潅水は晴天の日は2回/1日、液肥は2回
(ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢3リットル) 

 


 

■サンゴリ (愛好家)■

◆5月3日(火)

セネッティ・ブルー×2株が満開になりました。。
真上から撮影すると、なかなかの花密度です。葉もプランターも見えません。

 

気温が上がってきて、セネッティには厳しい気候になってきました。
そろそろお別れです。

  


 

■ポチ (一般)■

◆5月3日

セネッティ各鉢は、切り戻し後の満開を迎えました。
5月3日夜から5月4日にかけて、風雨が強まり、
また、5月5日に気温が高くなったため、咲き姿がかなり乱れてしまいました。
きれいな満開状態はこれがラストになるかと思います。

 

 

10月から約半年間リポートしてきたセネッティ栽培もそろそろ終わりです。
二度の満開を楽しむために、有効だったと思われることをまとめます。

 

・発売後早めに植える。・・・寒くなる前に株が充実し、順調に成長する。
・防寒対策をする。・・・霜によるダメージを回避することで、冬場の咲き姿がきれいになる。
・2月下旬までに大きく切り戻しをする。・・・ちょうどよい気温のGWごろに再び満開になる。
・一株植えは、切り戻しの際に鉢増しをする。・・・さらにひとまわり大きな咲き姿を楽しめる。

 

セネッティは色が鮮やかで、存在感がある華やかな花です。
さらに冬場は花のもちもよく、約半年間の長きにわたって
楽しめて、お得感もあります。
パンジーやビオラとともに、冬を彩るお花として、とてもおすすめです。

半年間セネッティ栽培にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 


 

■ ミディ(初心者)■

◆5月3日

「ボンザ マーガレット・ピンクサンライズ」、
「キララ」と「セネッティ」は満開を過ぎたようです。

「セネッティ」の隣にあるのは、昨秋植えた「マックスマム」です。
大きくて存在感があります。蕾がたくさんありこれから益々華やかになりそうです。

「キララ」は細い茎がかなり伸びてしまったため、
倒れないようフラワーガードで支えています。

玄関の「ボンザ マーガレット・サクラ」は、花数が少なくなりましたが、
まだ蕾があるのでしばらく咲き続けそうです。

今回、「ボンザ マーガレット」を大きさの違うスクエア型とラウンド型の鉢に
植えましたが、1苗でとても大きくなること、そして、鉢の大きさに合わせて
こんもりまとまることに感動しました。初心者には大変ありがたいです。

ただ、スクエア型の鉢は大変重たく、霜・雪避けの移動が大変だったので、
移動が必要なものは、軽い鉢にしておくべきだと勉強になりました。

 


 

■やまちゃん (プロ)■

◆4月23日

 

◆5月7日

 

 

今年の近江八幡は、非常に強い寒波(家の自動潅水の配管が破裂)、
2回の大きな積雪という例年より厳しい条件での栽培となりました。

キララは、南向きと北西向きの満開時期が2週間程度の差でした。
南向きが2週間程度開花は早いが、北西向きでも開花が遅れるだけで
生育・花数などは南向きとまったく遜色なく生育でした。

北西向きのボンザマーガレットもオペラルビーは、
いったん寒さで痛みましたが見事に復活し満開になりました。

  


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年05月

【プレマム満開PJ】4月中~下旬・満開の花ざかり(2016年4月20日前後)

2016年04月29日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆4月23日

秋に植えたマックスマム(左)とボンザマーガレット(右)が凄いです。

見事です。横幅70センチです。満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業は潅水毎日、、内3回は液肥

(パイポネックス原液の500倍希釈を各鉢3リットル)

 


 

■ おおあみぱぱ(愛好家)■

◆4月23日(土)

 

 

 

 

西向き玄関横花壇、西南カド花壇ともに、
やっとボンザマーガレットが満開になりました!
通りがかりの(見知らぬ)方も「綺麗ですね」と
褒めていただき、嬉しくなります!

 

 


 

■サンゴリ (愛好家)■

◆4月26日(火)

セネッティ・ブルーバイカラーとラベンダーバイカラーが満開になりました。
冬の満開時よりもコンパクトに仕上がっています。
気温が上昇しているため徒長しにくくなっているのでしょうね。

 

ブルーは5~6分咲き程度です。
あと10日ぐらいで満開になるでしょうか。

 

ボンザマーガレット・ルージュピンクも満開です。
ルージュピンクは花茎がピンと長くて花が目立ちます。
終わった花を摘んでも、次々に咲いてくれるのが嬉しいです

 

  


 

■ポチ (愛好家)■

◆4月26日(火)

キララが満開となりました。

 

セネッティ・レッドも満開を迎えています。
その他のセネッティはもう少しで満開になるでしょう。

 

ボンザマーガレットの寄植えも、満開状態です。

気温の上昇とともに、花がらつみがなかなか大変です。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年04月

【プレマム満開PJ】4月中旬、ボンザマーガレット満開(2016年4月中旬)

2016年04月22日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■タムタム (プロ)■

◆4月16日

 

 

 

 

 

 

 

ボンザマーガレットが満開になりました。

 

4月上旬に薬散をしました。
(アドマイヤー、コロマイト、カスケード、アミスターの混合液)。

4月上旬は潅水3回、内2回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢3リットル)。
4月中旬は潅水4回、内2回は液肥
(パイポネックス原液の500倍希釈を各鉢3リットル)。

 


 

■ けんたこ2000(一般)■

◆4月16日

秋のプレマム満開PJの状況です。
前回の報告から約1ヶ月経ちますが、
相変わらずボンザマーガレットは咲き続けてくれています。

多少花数が少なくなった気がしますが、
それでも十分満足できるレベル。
作業としては、花ガラ摘み、枯れた下葉の除去、
500倍の液肥を週1回、置き肥を与えました。

 

 


 

■ミディ (初心者)■

◆4月13日

秋に植えた花苗の多くが満開を迎えました。
2月初めに切り戻した「セネッティ」も2度目の満開間近です。
私の住まい(関東地方)は、この週末荒れた天候になり、

背丈が高く茎が細めの「キララ」「セネッティ」の草姿が乱れてしまいました。
暴風雨の影響の少ない場所に移動すべきだったと反省しています。

 

まとまりがよく、名前通り桜色のグラデーションがきれいで、お気に入りの
「ボンザマーガレット・サクラ」は、移動して玄関を彩っています。

 


 

■パイン (愛好家)■

◆4月21日

暖かくなり、ボンザマーガレット・ホワイトもたくさんの花が開花してきました。
株が大きくなり土の乾きが早くなっています。ボンザマーガレットは乾燥に強い

品種ですが、花芽をたくさんつけているので水切れには要注意です。

 

切り戻しをしたセネッティ・バイカラーもどんどんつぼみが

上がっています。開花が待ち遠しいです。

切り戻しをしなかったネッティ・ブルーも次々につぼみがあがってきます。

 

  


 

■ポチ(愛好家)■

◆4月20日

ボンザマーガレットの寄植えは、スノーフレークの花が終わり、
ムスカリの花も下のほうが茶色くなってきました。
なかなか、全部が良い状態で、一度に咲かせるのは難しいですが、
長いこと楽しめる寄植えになったと思います。

セネッティ各鉢は、気温の上昇とともにつぼみがたくさんつき、

花が咲いてきました。特にレッドが良く咲いています。

 

 

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年04月

【プレマム満開PJ】ボンザマーガレット満開はもうすぐ。(2016年4月上旬更新)

2016年04月08日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介しています!

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆4月2日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温が上がってきましたので、

3月下旬は潅水2回、内1回は液肥、

4月に入って潅水3回、内2回は液肥をやりました。

(ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢2リットル)。

サフィニアの元肥を各鉢10粒の置肥をしました。

 


 

■おおあみぱぱ (愛好家)■

◆2012年4月3日(日)

 

 

 

 

 

 

西向き玄関横花壇、南西カド花壇のボンザマーガレットは

なかなか一斉に咲いてくれませんが蕾がたくさん付いています。

一斉に開花したらとっても綺麗になりそうです~。

もう少し暖かくなるのを待ちます!

 


 

■ポチ (愛好家)■

◆2016/4/6(水)

昨秋に植えたボンザマーガレット、セネッティ、キララの
最近の寄植えの様子です。

ボンザマーガレットの寄植えは、
ムスカリが徐々に伸びてきて、さらに大きくなっています。
同じように植えて同じ置き場にあったのに、
形状が違うように育っているのが不思議です。

 

2月28日に切り戻しをしたセネッティ各鉢は、
新たな葉が展開し、全体的にぎゅっとした株になってきました。
ちらほら花も咲きだしています。

 

キララはあがってきたつぼみが咲き出しています。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年04月

【プレマム満開PJ】3月中旬、お花の様子(2016年3月)

2016年03月24日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■サンゴリ (愛好家)■

◆3月17日(木) 晴れ

すでに春苗の販売がスタートしていますが、
秋冬の花たちもがんばって咲いてます。

まずはセネッティの開花状況からレポートします。
レッド×2株が満開になりました。花いっぱいで、とても艶やかです。

 

切り戻した株(ブルー×2株、ラベンダーバイカラー×1株、

ブルーバイカラー×1株)もモリモリ茂ってきて、すでに蕾も上がっています。
3月中に開花するでしょうか。

 

寄せ植えのキララは切り戻したビオラが咲き出して、少し賑やかになりました。

 

 

ボンザマーガレット・ルビーピンクと葉ボタンの寄せ植えは、
やはり葉ボタンの首がグーんと伸びて、可愛くないです。植え替えですね。

次回は寒の戻りと蒸れに注意して、
セネッティの2回目の満開レポートをお届けしたいと思います。 

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆3月20日

秋に植えたボンザマーガレット、

ピンクサンライズとルージュピンクの満開が続いています。

しかし一足先に満開を迎えていたレモンイエローの花数が減ってしまいました。

一気に開花して、満開期が1ヶ月くらい続きましたのでしょうがないですね。

新しい蕾が下の方にありますので、これからまた咲いてくれるのを期待しています。

 

ここ最近は液肥を毎週与えています。

 


ピンクサンライズの花が白っぽいのが気になっていましたが、
液肥の効果なのか、気温や日照の影響なのか、
新しく咲いてきた花はピンクの色が強くなってます。

 


 

■タムタム (プロ)■

◆3月19日

 

 

マーガレットのローズピンクの花が一挙に開花して来ました 作業は下葉の腐れ葉取りと
潅水1回(液肥・ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢2リットル) 。

 


 

■ミディ (初心者)■

◆3月22日

2月末に、不足や欠如した花びらが目立った
「ボンザ・マーガレット ローズピンク」は、正常な花びらになり、
「サクラ」と共に満開を迎えつつあります。
「サクラ」は3つの中で一番まとまりがあります。

黄色コーナーの「ボンザ・マーガレット ホワイト」と「キララ」もきれいに咲いています。

休むことなく咲き続けている「レモンイエロー」はなぜか半分だけ咲いています。
暖かくなると虫も出てくるので薬剤をまきました。

切り戻した「セネッティ」も咲きだしました。切り戻し後は屋外管理しているせいか、
以前よりしまった株になったように感じます。

 


 

■ちか (一般)■

◆3月20日

ボンザマーガレットは大鉢のイチゴショートとルージュピンクは

まだ蕾ばかりですが、株は大きくなりました。
10号鉢からはみ出るくらいです。
レモンイエローとピンクサンライズはずいぶん花がつきました。

 

 


 

■パイン (愛好家)■

◆3月13日

切り戻していないセネッティブルーは
このまま花柄摘みをしながら花を維持していきます。

切り戻したセネッティは2週間が経ちました。
切り戻し後から気温の低い日が続いているので
ほとんど動きはありません、と、思いきや、
なんとラベンダーバイカラーにつぼみが!

ボンザマーガレットはちらほらと開花し始めました。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

プレマムPJ

バックナンバー:

2016年03月

7ページ(全12ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.