サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

『サンパラソル』開発者に語ってもらいました。

2012年06月07日

皆様、こんにちは。

サントリーフラワーズでは、酒類・食品分野で培った基礎研究を応用して、さまざまなお花を研究開発し続けています。

 

そこで本日は、夏を彩る鮮やかな星型のお花『サンパラソル』の開発担当者に、その魅力などを語ってもらいました。

 

sunpalasol_29.jpg

<サンパラソル>

 

Q 『サンパラソル』は3つのタイプがありますね。今一番人気上昇中の早咲きタイプの『サンパラソル』の特長、一番の魅力はどんなところですか?
A 丈夫で、育て易く、トロピカルな雰囲気満点の星型の色鮮やかな花が、次々と咲いてくる点ですね。
特に早咲きタイプの『サンパラソル』は早くから花が咲き、比較的ツルになりにくいので普通の花苗のような飾り方もできます。

 

sunpalasol_j_1.jpg

<サンパラソル ジャイアント>

 

Q 大輪系の『サンパラソルジャイアント』と、つるが良く伸びる『サンパラソルビューティ』についてはいかがですか?他のマンデビラより、優れている点はどんなところでしょう?

A 他の大輪系の品種に比べ『サンパラソルジャイアント』が優れている点は、丈夫な点はもちろんですが、他の大輪系品種は葉の表面がゴワゴワしてしますが、『サンパラソルジャイアント』は葉が光沢感のあるツルッとした感じで、それだけでも観賞価値が高いと思います。

 

また『サンパラソルビューティー』のように小輪で鮮やかな花が、ツルになりながら次々と咲いてくるマンデビラは他にはありません。この特長を生かして、立体的に仕立てたり、色々な楽しみ方が出来ます。

sunpalasol_b_25.jpg

<サンパラソル ビューティ>

 

Q 開発で一番苦労した点はどんなことですか?
A 交配にも生産にも時間がかかるので、それが一番大変なところです。
 開発にも時間がかかりますし、開発して優秀な個体が得られてからも、今度は生産のチームが全国で販売できるように大量に作り上げるまでにもとても時間がかかるのです。


Q 海外でも人気と聞きましたが、どんなところが人気なのでしょうか?
A やはり簡単、丈夫で長く咲くという点が受けているのだと思います。実際に海外の街角では色々なところで『サンパラソル』が飾られるようになってきているようです。早咲きタイプの『サンパラソル』も壁掛けの鉢でつるをふんわりと伸ばしたり、特長を活かして上手に飾られていると思います。ぜひ参考にしたいですね。

サンパラソル_イタリア1.JPG

<イタリアのサンパラソル> 

サンパラソル_イタリア2.JPG

 

Q どんな楽しみ方がオススメですか?
A ビギナーの方にも育てやすい『サンパラソル』ですと、赤やピンク系は比較的生育が揃うので、混色植えもお勧めです。また『サンパラソルビューティー』や『サンパラソルジャイアント』はツルになる性質を生かして、花でいっぱいになるように、やはり大きく育てたいですね。様々なところに絡めたり、『サンパラソルジャイアント』はその旺盛な生育力から、流行のグリーンカーテンに挑戦するのもお勧めです。華やかな花の咲くグリーンカーテンも素敵ですよ。
sanparasol_17.jpg

 

Q 『サンパラソル』以外で一番好きな花は?
A サントリーフラワーズの花で言ったら『セネッティ』ですね。まだ寒い時期に豪華で色鮮やかな大輪の花を咲かせ、丈夫で切り戻せば再度豪華に咲いてくるところが気に入っています。あとは個人的には季節感のある花が好きですね。春夏秋とずっと咲く花の開発に携わり、一年中いつでも同じ花に囲まれているせいかもしれません。


Q これからどんな花を開発したいですか?
A 花もキレイで実もオイシイなど、1株で2度オイシイものができたら面白いと思います。また、『サンパラソル』がトロピカルなイメージなので、ガラっと違う、グッと和風な花なども開発してみたいですね。


Q お客様へのメッセージをお願いします。
A もっともっと生活に花を取り入れて花のある毎日にしていきましょう!

sunpalasol_j_32.jpg

これからも、皆様に"花のあるくらし"を提案しご満足いただくために、お花を開発していきたいと思います。

 

★関連記事:ブログカテゴリー 「サンパラソル」のおすすめ記事

  

カテゴリ:

サンパラソル

バックナンバー:

2012年06月

サンパラソルのおすすめ記事

~育てる感動と驚きを、一人でも多くの人に~

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.