サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

最近の記事

「サンク・エール ディープブルー」がジャパンフラワーセレクションのガーデニング部門でフラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)を受賞しました!

2018年01月13日

こんにちは、チバです。

業界初の統一的な品種コンテスト、ジャパンフラワーセレクション2017-2018が決定し、「サンク・エール ディープブルー」が各部門でその年の最も優れた1品種に与えられるフラワー・オブ・ザ・イヤー2017(最優秀賞)ガーデニング部門を受賞しました!

 

今回のサントリーフラワーズの各受賞一覧です。

サンク・エール 《ディープブルー》

・フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)/ガーデニング部門

■審査講評

水切れに比較的強く、ピンチも不要で耐暑性、連続開花性が従来のスカエボラより優れている。農薬を使わなくとも虫も着かず、園芸初心者でも失敗しにくい。長期にわたり手間の少ないパフォーマンスが素晴らしいスカエボラ。

暑い時期は多少花数が減ることはあったが完全に花が休んでしまうことはなく、鑑賞に値する範囲。節間が伸びて株元が空いてしまうことの多いスカエボラだが、このシリーズはムラなく全体的に花が咲く。

ディープブルーは色褪せることなく、鮮やかな発色で、太陽の下で一層魅力を発揮した。

シリーズでの色のバリエーションもあり、新たな夏の定番となりうる素晴らしい品種として、フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)を受賞した。

 

サンク・エール《ピンク、ホワイト、ライトブルー》

・ベスト・フラワー(優秀賞)

・グッドパフォーマンス特別賞

・ニューバリュー特別賞

・ブリーディング特別賞

■審査講評

ピンクも色褪せもなく、安定した発色。葉と花色の対比も良かった。

ホワイトは這性が強く、花壇でカーペット状に広がるデザインに有効。

ライトブルーは他の品種より若干ボリュームが少なかったが、寄せ植えやハンギングバスケットに利用しても組み合わせやすい。

シリーズでの色のバリエーションもあり、新たな夏の定番となりうる素晴らしい品種として、ベスト・フラワー(優秀賞)とグッドパフォーマンス特別賞、ニューバリュー特別賞、ブリーディング特別賞を同時受賞。

 

フェアリースター 《コーラルピンク、ホワイト》

・ベスト・フラワー(優秀賞)

・グッドパフォーマンス特別賞

 

2018年1月9日に、東京大学 弥生講堂一条ホール(東京都文京区)にて授賞式が行われました。記念写真の撮影や花の贈呈なども行われました。

 

 

フラワー・オブ・ザ・イヤーは、ガーデニング部門、切花部門、鉢物部門で、花や葉の美しさなど、品種特性の優位性や新規性に加えて、生活者の視点から「育てやすさ」「購入しやすさ」「飾りやすさ」なども評価し、総合的に優秀と認められる品種の中から、それぞれ最も優れた1品種が授与されます。

 

 

 

ジャパンフラワーセレクション(JFS)とは、2006年4月からスタートした日本で唯一の統一的な花きの新品種認定事業です。審査は、切花部門、鉢物部門、ガーデニング部門の3部門で行われています。JFS受賞品種は、認定登録を経て専用のロゴマーク(JFSマーク)を付けて販売されています。

 

日本フラワー・オブ・ザ・イヤーの詳細についてはコチラ。
ジャパンフラワーセレクションHP(外部サイト)

 

★「サンク・エール」の詳細はコチラ

 

 

カテゴリ:

サンク・エール

バックナンバー:

2018年01月

第86回全日本フィギュアスケート選手権大会のブーケにサントリーフラワーズのお花が使われました!

2017年12月28日

こんにちは、チバです。

2017年12月21日~24日に東京都調布市 武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催された「第86回全日本フィギュアスケート選手権大会」のブーケに、サントリーフラワーズの青いカーネーション「ムーンダスト」と、青いバラ「サントリーブルーローズ アプローズ」が使われました!

 

ブーケのデザイン・制作は今回もフローリスト・マン アートディレクター 萬木 善之氏が手がけました。

全日本選手権のメダリストに贈られたメダリストブーケです。

 

ムーンダストで縁取られた円の中に淡いブルーのアプローズと赤いガーベラがちりばめられた、鮮やかな色合いが美しいデザインです。

アプローズの花言葉"夢 かなう"と、ムーンダストの花言葉"永遠の幸福"が、円いリースのように繋がっていく...というコンセプトで作られました。

 

こちらは「日本代表最終選考会」で贈られたブーケです。

ムーンダストをふんだんに使ったブーケに笑顔が浮かんでいます。この写真では分かりにくいのですが、ブーケの台がニット帽子になっているところも可愛らしいんです。

 

シンプルでストレートなデザインのこのブーケは、「私たちと、世界が、笑顔と幸せに包まれますように...」というコンセプトで作られました。

ムーンダストの花色は、男子選手には深みのある青紫色「プリンセスブルー」(左)、女子選手には淡い優しげなブルー「ライラックブルー」(右)が使われています。

 

ムーンダストのブランドコンセプトは、「幸せを願う花」。

選手の皆さんのそれぞれの幸せと夢を願い、応援の気持ちを送ることができて大変光栄です。

 

萬木善之氏の手掛けるフラワーショップ「フローリスト萬」のブログもご覧下さい。

萬木善之氏 フラワーショップ「フローリスト萬」(外部サイト)

 

★サントリーの青い花シリーズ 「ムーンダスト」 「サントリーブルーローズ アプローズ

 

★関連記事

第83回全日本フィギュアスケート選手権大会のメダリストブーケに「ムーンダスト」も使われました!(2015年1月13日)

 

2015NHK杯国際フィギュアスケート競技会のメダリストブーケに「ムーンダスト」と「アプローズ」も使われました!(2015年12月4日)

 

全日本フィギュアスケートのメダリストブーケにサントリーフラワーズのお花も使われました。(2013年12月27日)

 

フィギュアスケート グランプリファイナル福岡2013のメダリストブーケに「アプローズ」と「ムーンダスト」が使われました。(2013年12月10日)

 

 

カテゴリ:

ムーンダスト

バックナンバー:

2017年12月

青いシクラメン「セレナーディア」が浜名湖ガーデンパーク(静岡)にて咲き誇っています。

2017年12月26日

こんにちは、チバです。

静岡県 浜松市「浜名湖ガーデンパーク」にサントリーフラワーズの青いシクラメン「セレナーディア」が咲き誇っています。

先日もご紹介したのですが、弊社スタッフが撮影した新たな写真も貰いましたので、ご紹介いたします♪

よく見ると♪マークが入っているものもある、個性的なデザインのプランターは、枝に押し上げられてだんだんハートの形になっていくストーリーから生まれました。ガーデンデザイナーの加藤 孝幸さんに制作頂いた素敵なプランターです。

想いと想いが響きあい、ハートになりました♪

 

アロマブルーの香り漂う木漏れ日の中、セレナーディアの青紫系と落葉の黄色系の色合いの美しいコントラストが、通りがかる人びとの五感を癒してくれることでしょう。

 

 

 

 

浜名湖ガーデンパークのフェイスブックには、青いシクラメンの小径の動画もあります。

【動画】浜名湖ガーデンパーク 青いシクラメンの小径(外部サイト)

 

「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」HP(外部サイト)

●開園時間 / 8時30分 ~ 17時

●休園日 / 年末年始(12月29日 ~ 1月3日)

●入場料・駐車料 無料

機会がございましたら、ぜひ浜名湖ガーデンパークにお出かけになってみてください。

 

ガーデンデザイナー加藤 孝幸さんに関する詳しい情報は下記をご覧下さい。

「ピースオブマインド」ガーデンデザイナー 加藤 孝幸さんのサイト(外部サイト)

 

「セレナーディア」は全国の園芸店・ホームセンターなどで販売中です。

商品情報「セレナーディア」

 

 

カテゴリ:

セレナーディア

バックナンバー:

2017年12月

4ページ(全17ページ中)

早春からすぐに花をつける。プレマムのお花を育てませんか。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.