サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

スコティッシュファッションとアプローズ

2012年11月22日

みなさま、こんにちは。

かなやまです。

 

先日、スコットランド国際開発庁様主催のスコットランドファッションイベント『New Basic Wardrobe from Scotland』で、「サントリーブルーローズ アプローズ」を協賛させていただきました。

 

スコットランドのイベントに、なぜ青いバラ「アプローズ」が?と思われる方も多いかと思います。

実は、アプローズの開発ストーリーにスコットランドが大きく関係しているのです。

 

BLROSE-36p.JPG

 

「不可能の代名詞」と言われていた青いバラ。

花の開発者の長年の憧れでありながら、なかなか作り出すことのできなかった青いバラの開発にサントリーが着手したきっかけのひとつに、当時会長だった、故佐治敬三の「青いバラを開発してウィスキー発祥の地であるスコットランドに恩返しをしたい」という想いがありました。

 

イギリスの国花はバラ。そして、イギリスを構成する4つの国のひとつであるスコットランドのシンボルカラーは青。

 

イングランドの白、ウェールズの赤のバラはたくさんありますが、青のバラだけが存在しなかったため、青いバラを作ってスコットランドに恩返ししたいとのことからスタートした開発だったのです。

 

少々長くなりましたが、スコットランドとはそんなつながりがありまして、

今回のイベントに参加させていただくことになりました。

 

会場は、青山迎賓館。

入ってすぐの受付にアプローズを展示していただきました。

少し和のテイストも感じられる素敵なアレンジです。

受付.JPG

会場のテーブルにもアプローズが飾られました。

テーブルクロスは、スコットランドのハイランド地方で発達したタータンチェック。

(スコットランドでは単に「タータン」とよばれています。)

 テーブル.JPG

 

中庭にはプールもあり、ライトアップされていてとても素敵な空間でした。

中庭.JPG

 

ウェルカムドリンクには、やはり、スコッチウィスキーの「バランタイン

マッカラン.JPG

 

会場内には、スコットランドゆかりのテキスタイルやアパレルブランドの洋服もたくさん展示されていました。

気品があって温かみのあるものばかりです。

服展示2.jpg

 

タータンチェックやツイードなど、スコティッシュファッションは冬にぴったりのアイテムが揃っています。

この冬、素敵なスコティッシュファッションを身にまとい、大切な方にアプローズを贈ってみませんか。

 

アプローズブランドサイトはこちら

 

 

バックナンバー:

2012年11月

サントリーブルーローズ アプローズのおすすめ記事

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.