サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

ボンザマーガレット の記事

【プレマム満開PJ】3月中旬、お花の様子(2016年3月)

2016年03月24日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■サンゴリ (愛好家)■

◆3月17日(木) 晴れ

すでに春苗の販売がスタートしていますが、
秋冬の花たちもがんばって咲いてます。

まずはセネッティの開花状況からレポートします。
レッド×2株が満開になりました。花いっぱいで、とても艶やかです。

 

切り戻した株(ブルー×2株、ラベンダーバイカラー×1株、

ブルーバイカラー×1株)もモリモリ茂ってきて、すでに蕾も上がっています。
3月中に開花するでしょうか。

 

寄せ植えのキララは切り戻したビオラが咲き出して、少し賑やかになりました。

 

 

ボンザマーガレット・ルビーピンクと葉ボタンの寄せ植えは、
やはり葉ボタンの首がグーんと伸びて、可愛くないです。植え替えですね。

次回は寒の戻りと蒸れに注意して、
セネッティの2回目の満開レポートをお届けしたいと思います。 

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆3月20日

秋に植えたボンザマーガレット、

ピンクサンライズとルージュピンクの満開が続いています。

しかし一足先に満開を迎えていたレモンイエローの花数が減ってしまいました。

一気に開花して、満開期が1ヶ月くらい続きましたのでしょうがないですね。

新しい蕾が下の方にありますので、これからまた咲いてくれるのを期待しています。

 

ここ最近は液肥を毎週与えています。

 


ピンクサンライズの花が白っぽいのが気になっていましたが、
液肥の効果なのか、気温や日照の影響なのか、
新しく咲いてきた花はピンクの色が強くなってます。

 


 

■タムタム (プロ)■

◆3月19日

 

 

マーガレットのローズピンクの花が一挙に開花して来ました 作業は下葉の腐れ葉取りと
潅水1回(液肥・ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢2リットル) 。

 


 

■ミディ (初心者)■

◆3月22日

2月末に、不足や欠如した花びらが目立った
「ボンザ・マーガレット ローズピンク」は、正常な花びらになり、
「サクラ」と共に満開を迎えつつあります。
「サクラ」は3つの中で一番まとまりがあります。

黄色コーナーの「ボンザ・マーガレット ホワイト」と「キララ」もきれいに咲いています。

休むことなく咲き続けている「レモンイエロー」はなぜか半分だけ咲いています。
暖かくなると虫も出てくるので薬剤をまきました。

切り戻した「セネッティ」も咲きだしました。切り戻し後は屋外管理しているせいか、
以前よりしまった株になったように感じます。

 


 

■ちか (一般)■

◆3月20日

ボンザマーガレットは大鉢のイチゴショートとルージュピンクは

まだ蕾ばかりですが、株は大きくなりました。
10号鉢からはみ出るくらいです。
レモンイエローとピンクサンライズはずいぶん花がつきました。

 

 


 

■パイン (愛好家)■

◆3月13日

切り戻していないセネッティブルーは
このまま花柄摘みをしながら花を維持していきます。

切り戻したセネッティは2週間が経ちました。
切り戻し後から気温の低い日が続いているので
ほとんど動きはありません、と、思いきや、
なんとラベンダーバイカラーにつぼみが!

ボンザマーガレットはちらほらと開花し始めました。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

ボンザマーガレット

バックナンバー:

2016年03月

【プレマム満開PJ】2月下旬~3月上旬のボンザマーガレットの様子(2016年3月上旬更新)

2016年03月07日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆2月28日(土)晴れ。

10号鉢に1株植えのボンザマーガレット ピンクサンライズと

ルージュピンクも満開になりました。

 

先に満開になっていたレモンイエロー(8号鉢)も

花が途切れることなく、咲き続けてくれています。

ノーピンチでこの状態ですので、

ボンザマーガレットの良さを改めて実感しています。

手入れとしてはいつもの通り花ガラを摘んでます。
また、タムタムから「株元の枯れた葉っぱは取ろう」と
アドバイス頂きましたので、枝を折らないように
気をつけて手を突っ込み、できる限り除去しました。

それから気温が少しずつ高くなってきているため、
久しぶりに液肥を与えてみました。

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆3月5日

 

 

 

 

 

 

大分、暖かくなって来ました。園芸作業も気持ち良くなって来ました。

潅水1回/週(液肥、ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢2リットル)。

下葉の腐れ葉取りと、「サフィニアの元肥」を各鉢に10粒置肥しました。

レモンイエローにはアブラムシがいたので全鉢にアドマイヤー(アブラムシ)、
カスケード(ダニ)、ダコニール(殺菌剤)の混合液を散布しました。

 


 

■おおあみぱぱ (愛好家)■

◆2月28日

玄関横と南西カドの花壇植えボンザの一部が開花。
蕾はついているので一斉に開花してくれるといいのですが・・・。

 

南西カド花壇植えのキララは綺麗に開花しました。
鉢植えのキララは、玄関横、南西カドともに綺麗に開花しました。

 

 


 

■ ミディ(初心者)■

◆2月28日

「ボンザ・マーガレット」の「ホワイト」「サクラ」も咲き出しました。
切り戻して再び開花待ちの「セネッティ」以外、全て咲いています。
「セネッティ」も順調に育ち、つぼみを付けています。

ただ、すごい勢いで咲きだした「ボンザ・マーガレット」の
「ローズピンク」の様子がおかしいです。
株自体は元気なのですが、花びらが足りないもの、
全然ないものがあります。気候が安定しないうちに、
急に咲きだしたからかもしれないとのことなので、
このまましばらく様子を見ます。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

ボンザマーガレット

バックナンバー:

2016年03月

2016年春夏の花苗ラインナップを公開いたしました!

2016年02月22日

こんにちは、チバです。

2016年春夏の花苗ラインナップをいち早く公開いたしました!

★春夏花苗ページを更新♪ サントリーフラワーズ ホームページ

 

★【新商品】草姿も花も最大級!「マックスマム

技術を集結し15年の歳月をかけて誕生したサントリーのハイブリッド品種!

在感のある大きな花と、圧倒的な生育スピードで

約一ヶ月ほどで華やかな咲き姿をお楽しみいただけます。

 

★【新商品】圧倒的な生育力!「ビーダンス

 

鉢植え、花壇植え、グランドカバーなど楽しみ方いろいろ!
はちみつのような香り。育てやすく、海外でも人気上昇中です。

 

★「サフィニアアート」から新色「ももいろハート」「ブルーイエロー」が登場!

ピンクのハート模様が可愛らしい新色「ももいろハート」と、

花弁の中央にイエローの星型が入る新色「ブルーイエロー」が新登場しました。

 

★「サフィニアフリル」から新色コーラルピンクが登場!

フリルが美しい小輪八重のサフィニアフリルから、
深みのあるコーラルピンクが新登場しました。

  

★「サンパラソルジャイアント」から新色エンペラーズクリムゾンが登場!

「つるが大きく伸びる大輪咲きのサンパラソルジャイアントから、
クリムゾンキングよりさらに大輪の濃い紅色「エンペラーズクリムゾン」が新登場!

 

★販売中!「ボンザマーガレット

花つきバツグン、選べる楽しさ!年々人気上昇中です。
早春からすぐにお花を楽しめ、こんもりとまとまる花姿が人気です。

 

★販売中!「ミルフル

豪華なフリル咲き、豊富な色合い
かわいらしくて華やかな、フリル咲きビオラです。

 

★お近くの販売店を検索できます♪「販売店を検索(フラワーナビ)」

★通販サイト「サントリーフラワーズネット」での春夏花苗受注もスタート!

 

 

カテゴリ:

ボンザマーガレット

バックナンバー:

2016年02月

【プレマム満開PJ】2月中旬、セネッティの切り戻しや植え替え(2016年2月11~17日)

2016年02月19日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■サンゴリ (愛好家)■

◆2月17日(水) 晴れ

前回のレポート(2月3日)から2週間、正に三寒四温の日々です。

セネッティを切り戻しました。ブルーは横から太い枝が伸びてきて、

すっかり草姿が乱れてしまいました。切り戻して立て直します。

ブルーバイカラーとラベンダーバイカラーも
花数が減ってきたので、短く切りました。

 

今が見ごろのレッド1株と満開まで
もう少しかかりそうなレッド2株は切ってません。

 

キララと寄せ植えしたビオラも切りました。
次々と開花するので、切るかどうか悩みましたが、
暖かくなると株元が蒸れやすくなるため、
株を長持ちさせることを優先しました。
これでヘデラが大きくなってくれるでしょうか?

 

この時期に植物を切り戻す際に気をつけているのは下記です。
・寒い周期の時には切らない
・暖かい晴天の日の午前中に切り戻しを行ない、切り口を日に当ててしっかり乾かす
・株もとまで日が入りやすくなるよう、株もとの茶色や黄色の葉と一緒に大きな葉や古い葉を切り取る
・体が小さくなると低温の影響を受けやすいため、夜間は軒下に取り込む
・切り戻すと根の活動が一時的に止まるため、水分過多に気をつける

ボンザマーガレットの寄せ植え、早くも葉ボタンの首が伸びてきました。
そろそろ入れ替えを考えようと思います。

 


 

■ミディ (初心者)■

◆2月2日


「セネッティ」の花が少なくなり、うどんこ病のような白い粉を発見したので、

切り戻ししました。夜間暖かい屋内に取り込んでいたため、

株が軟弱化し、うどんこ病になったのかもしれません。

切り戻しすると、下の方にたくさんの小さな葉を発見しました。
新しい小さな葉が育つよう、白い粉が出ている葉や邪魔な古葉を取り除きました。
念のため、うどんこ病に効く薬剤も散布しました。

「レッド」「ブルー」とも15センチぐらいの高さになりました。
夜間は、冷え込みがひどくない限り、屋内への取り込みはやめて、

風霜除けをして軒下に置き様子を見ています。

 

◆2月11日
「セネッティ」は切り戻しから約10日、元気に育っています。
でも、「レッド」がかなりいびつなかたちになってしまいました。
元から歪んでいたためでしょうか?
更に歪みがひどくなるのか気になり、再度「レッド」にハサミを入れました。

結果、「レッド」と「ブルー」の高さにかなり差が。。。
今回の再切り戻しが「吉」と出るとよいのですが。

「キララ」「ボンザ・マーガレット」は共に元気です。
色づいて咲きそうなつぼみがぐ~んと増えたように思います。

 


 

■ポチ (一般)■

◆2月17日(水)

今日は風が強い日でした。
セネッティ・ブルーとラベンダーバイカラーは、
スリムな素焼き鉢に対して頭が重くなっているため、
最近よく強風で倒れていたのですが、
今日も倒れて、とうとう鉢が割れてしまいました。


割れたところから見える根も回っているようなので、
植え替えることにしました。

用意したのは二回り大きいプラスチックの35型
(φ350×280H)の鉢です。極力根をいじらないように、
新しい培養土を足しながら植え替えました。
すこしバランスが良くなったでしょうか。

 

 


 

■パイン(愛好家)■

◆2月11日

1月の降雪や、先週のいきなりの高温にも負けず順調に生育しています。
先週末の強風で、セネッティ・ブルーバイカラーの鉢が倒れてしまいました。
幸い特にダメージは何も受けていないようですが、株がけっこう斜めになっています。
もう独り立ちできない感じです。
そろそろ株の草姿を修正するためにも切り戻し決行でしょうか。
気温が上がり過ぎない3月上旬までには切り戻した方がいいんですけどね。
このところ寒いし、そうかと思えばいきなり暑くなるし...。
とりあえずブルーバイカラーは早めに切りたいです。

 

 

蕾を付け出したのがいつだったか思い出せないくらいの

ボンザマーガレット・ホワイト。でも順調です。


1月の雪の降ったときは、朝出がけに雪が綿帽子のようにこんもりと

かぶっているのを見つけ、急いで払いのけてそのまま出勤。
雪の影響が心配だったのですが、何事も無かったように順調に育っています。
つぼみもじわじわと大きくなっています。
もう、雪が降ったりせずに、気温の変動も小さめでお願いしたいです。
3月には開花してくれるかな。

 


 

■おおあみパパ (愛好家)■

◆2月11日

 

 

 

 

 

なかなか開花してくれませんが、たくさんの蕾が着いてきました。

 


 

■タムタム(プロ)■

◆2月13日

ボンザマーガレット ルージュピンク

 

 

レモンイエロー

 

ホワイト

 

新しい芽が出て来ています。作業は潅水1回/週(液肥なし)

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

ボンザマーガレット

バックナンバー:

2016年02月

【プレマム満開PJ】2月上旬の様子(2016年2月7~8日)

2016年02月15日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆2月7日

ボンザマーガレットは2週間前よりもさらに開花が進みました。
レモンイエローは満開と言っていい状態ですね。
ピンクサンライズとルージュピンクも芽数たっぷりなので、
これからが非常に楽しみです。

 

 

 

 

あと数週間でいよいよ春。
「プレミアムマム」のコンセプトは「花があふれる春は、秋からはじめる」です。
このボンザマーガレットたちが春の最初から、我が家の玄関先を賑やかに彩ってくれるでしょう。
ここまでうまくいくと思っていなかったので、もう少し植えておけば良かったかも。
早春に発売されるボンザマーガレットを買ってみようかと検討中です!

手入れとしては、開花の進行状況が早いので、置肥を与えました。
気温がもっと上がってくれば液肥の投入も再開したいと思います。

 

 


 

■ポチ (一般)■

◆2016月2月8日(月)

セネッティは厳しい寒さのなか、咲き進んでいます。
水遣り時に、薄い液肥を与えています。


 

 

ブルーバイカラー、ラベンダーバイカラー、ブルーの鉢は、
ハダニがついてべたべたしている葉があるので、
薬剤を散布しました。

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆2月7日

 

 

ボンザマーガレットの腐れ葉取りの後、

殺菌剤(ダコニール1000倍希釈液)散布しました。
潅水は1回/週(液肥なし)です。 

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

ボンザマーガレット

バックナンバー:

2016年02月

10ページ(全15ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.