サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

【気合マックスPJ2016】マックスマム春植えスタート&秋植えとの生育比較(3月下旬頃)

2016年04月04日

"サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育ててみました"

大きく育つサントリーのお花「マックスマム」と「ビーダンス」を、

サントリーフラワーズ社員が育てて満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介しています!

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

◆3月20日(日) 晴れ

2015年春「気合いマックスPJ〈サフィニアマックス編〉」
2015年秋「プレマム満開PJ」に続き、
2016年春の「気合いマックスPJ〈マックスマム&ビーダンス編〉」
でも栽培レポートをお届けすることになりました。
引き続きよろしくお願いします!

 

私は今回、「秋植えのマックスマムとの生育比較」を中心にレポートします。
今春の新発売に先がけ、昨秋からイエローとピンクを栽培しています。
昨年10月、10号(直径30cm)鉢に1株植えた
マックスマム・イエロー(左)とピンク(右)が、こんなに大きくなりました。

同時期に植えたボンザマーガレット(中央)と並べると、大きさの違いが歴然です。
前評判通り、生育スピードも、花や株の大きさも、正に'マックス'です。

 

晴天時には毎日の水やりが必要になり、水枯れが懸念されるため、
直径40cmのプランターに植え替えることにしました。

直径40cm、こんなに大きなプランターは初めてです。
このプランターはプラスチック製で軽いのですが、土を入れたら動かせませんね。

 

イエローもピンクもこんなに根が回っていましたが、
根詰まりはなさそうなので、根を崩さず、「鉢増し」の要領で植え替えました。
しかし、「鉢増し」でも「サフィニアの土」×1袋(14リットル)すべて使いました。

 

植え替えてみたら、プランターの大きさを感じさせません。
窮屈な10号鉢から解放され、生き生きしています。

 

そして、今春分のマックスマム(イエロー・ピンク・レッド)を植え付けました。
後から昨秋分と同じ直径40cmプランターに植え替えますが、
まずは根を育てるために6号鉢に仮植えしました。

ビーダンス(レッド・イエロー・レッドストライプ)は5号鉢に仮植えしました。
少しだけ咲いている花が可愛いです。
こんなに小さな株でもほのかにハチミツの香りがします。

さあ、春のガーデニング、本格的にスタートです!

 

◆3月29日(火) 晴れ

植え付けから9日しかたっていませんが、マックスマムが早くも株を広げ始めました。
今のところ、レッドが最も早く動いています。

ビーダンスの栽培レポートは「幼苗時の摘芯の有無による違い」をテーマにします。
早速、レッドとレッドストライプを摘芯しました。
可愛い花が咲いていましたが、心を鬼にして摘み取りました。
イエローは摘芯なしで育てます。

  


 

★ブログカテゴリー:「気合マックスPJ2016

★「マックスマム」と「ビーダンス

★「参加団体・小学校を大募集!「大きな花プロジェクト」キャンペーンサイト

 

 

カテゴリ:

気合マックスPJ2016

バックナンバー:

2016年04月

気合マックスPJ2016のおすすめ記事

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.