サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

セネッティ の記事

【プレマム満開PJ】1月下旬、寒い日々(2016年1月22~27日)

2016年01月29日

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆1月24日。

ボンザマーガレット、8号鉢のレモンイエローの開花が一気に進みました。
ルージュピンクとピンクサンライズは10号鉢ですので、
土の容量の差が開花に影響しているのでしょう。
ただし株の充実さは10号鉢の方が良いので、
しばらくするとレモンイエロー以上に咲きそうです。
楽しみ方や環境に応じて、鉢のサイズを変えるのが良いでしょうね。

 

より早く楽しみたい、大きなスペースが取れない場合は、7~8号鉢。
じっくり株を作ってから豪華に楽しみたい場合は、10号鉢、のように。

 

 

 

 

手入れは今まで通り、花ガラ摘みくらいでほぼ何もしてません。
水やりは週1~2回程度。春と違って毎日水を与えないので、

たまに忘れてしまいますが乾燥に強いのですぐ復活してくれます。
また、最近は朝の最低気温がマイナス2~4℃くらいで霜の予報が
出ていますので、昼間は外ですが夜は玄関の中に取り込んでいます。

 


 

■ ポチ(一般)■

◆1月22日(金)

寒さがますます厳しくなってきました。
キララ以外の鉢は夜間玄関に取り込んでおります。

ここ一週間、日中もなかなか気温が上がらず、
外に出しても風が冷たかったりして、
セネッティは下葉がしおれた感じになったり、
咲いている花が早くだめになったりしてきています。

写真は、そのようになる前の先週金曜日の様子です。
セネッティレッドとブルーバイカラーは、これが
一番の見ごろと思われます。

セネッティーブルーバイカラーは、室内に取り込んだりしている影響か、
ハダニがつき、1/25に花がらつみとともに、ハダニがたくさんついた葉を取り除きました。

寒すぎない日を選んで、春に向けて切り戻しを検討したいと思っています。

 

ボンザマーガレットの寄せ植えは、バコパの伸びた枝先が
少し寒さで縮れ気味ですが、おおむね大丈夫のようです。

 

◆1月27日(水) 

セネッティの花がらや、ハダニがついた葉を取り除きました。

 

 

 

 

 

ボンザは夜間玄関内に取り込みましたが、
ドアに近いところに置いたため、
寒さで株の半分がしおれてしまいました。

 


 

■タムタム (プロ)■

◆1月23日

ボンザマーガレット ローズピンク 

 

ボンザマーガレット レモンイエロー

 

ボンザマーガレット ホワイト

 

この1週間は本格的に冬になって来ました。
寒い。成長も止まっています。
作業は潅水1回(ハイポネックス原液の500倍希釈を各鉢2リットル。 

 


 

■ミディ (初心者)■

◆1月24日


先週、関東に降雪があり、我が家も数センチ雪が積もりました。
花は、軒下、屋内に避難させていたため無事でした。
厳しい寒さの中、咲く花を見て、元気をもらっています。

 

<ピンクコーナー>

「セネッティ」が咲き進んで、花が少なくなってきました。
夜間屋内に入れているので、少し花持ちが悪いように思います。
株が大きくなり水の要求量が増え、土が乾くのが早いです。
「ボンザマーガレット」は「ピンクサンライズ」に続き「ローズピンク」も
少しずつ咲いてきました。「サクラ」はまだ咲きそうにありません。

 

<黄色コーナー>

「キララ」も少しずつ咲いてきました。昼夜で花の開閉があり、かわいいです。
「ボンザマーガレット・レモンイエロー」は、花が埋もれて見えにくいですが、
栽培当初からずっと咲き続けています。「ホワイト」はまだ咲きそうにありません。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

セネッティ

バックナンバー:

2016年01月

【プレマム満開PJ】1月中旬、寒さ対策など(2016年1月15日更新)

2016年01月15日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ ポチ(一般)■

◆1月14日

年が明けて、朝晩の冷え込みはグッと増してきました。
東京では1月12日に初雪、1月13日の朝には氷点下の気温が観測されました。

 

私は、当初防寒対策として、半透明ごみ袋(45リットル)を切り開き、
夜間大鉢のセネッティ・レッドに掛けておりましたが、
株が大きくなり、花も咲いてきたため少々窮屈になり、
最近は、80㎝×90㎝の透明ポリ袋(70リットル)を切り開いて掛けています。

厚みも0.04mmでしっかりしているので、繰り返し使えて重宝しています。

キララの透明ポリ袋は、底の部分に空気穴を何か所かあけて、
直接60㎝の長プランターにかぶせても使っています。
ボンザマーガレットの寄せ植えには、引っ越しの際取っておいた、
大きめの不織布を他の鉢と共にふんわりとかぶせ、
風で飛ばないように端を鉢の下に入れて、
U字の支柱を中央に置いて夜間の対策にしています。

 

1月14日の早朝に、セネッティとキララの葉に少し霜がつきました。

ボンザのほうは霜はついてなかったので、
ポリ袋よりも、不織布のほうが防寒には効果的のようです。


最近のセネッティの様子です。

レッド、ブルーバイカラー、ブルーは、かなり満開に近くなってきました。
つぼみもまだまだあります。ラベンダーバイカラーはもう少しといったところです。

 

 

晴天続きで空気も乾燥していますので、開花株は思ったよりも早く土が乾きます。
土の表面が乾いていて、鉢をもって少し軽くなっていたら、
午前中のうちに液肥を薄めに入れた水を鉢底から流れ出るくらいやっています。
乾燥させすぎて葉っぱがなよっとしてくる前には、水遣りするように気をつけています。

 

キララは蕾がたくさんついていますが、小さな花が一輪咲いているのみです。

 

ボンザマーガレットの寄せ植えです。

 


 

■ミディ (初心者)■

◆1月9日

「セネッティ」が満開を迎えています。「レッド」は株がかなり広がってきました。

「ボンザマーガレット・ローズピンク」と「キララ」に今にも咲きそうな蕾がありますが、

これからの厳寒期に無事咲いてくれるでしょうか?

 

<おまけ>

「ウインティー」「フィオリーナ」「葉ボタン」の寄せ植えです。
12/20頃植え付けたものですが、元気に育ち花が咲き出しています。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、「ウインティー・ピーチ」の
ピンク~黄色の色のグラデーションがとてもきれいで気に入っています。

 


 

■タムタム (プロ)■

◆1月9日

ボンザマーガレット ローズピンク

 

ボンザマーガレット レモンイエロー

 

 

ボンザマーガレット ホワイト

 

マーガレットはレモンイエロー、ローズピンクが以前から引き続き開花。
開花や蕾が膨らんで来ているので潅水時に液肥をやる事にしました。
先週の潅水は1回のみ(ハイポネックス原液を500倍希釈を各鉢2リットル)。
作業は下葉の腐れ葉の除去です。

気温が下がってきているので寒さ対策をしてください。

 


 

■ねっちー(一般)

◆1月11日(月) 晴れ

ここまで開花が進み、株も大きくなってくると、
いくらこの時期と言えども週1度の潅水だと、
水が足りなくてかわいそうなことになります。。

そんなかわいそうな状態を2週連続で経験しながらも、
ギリギリ復活できてこのように花を継続して楽しませてくれています。

他のメンバーの株はたくさん花芽・蕾が付いているようですので、
私も管理をきちんとすべく、今後は週2回の潅水をきっちり行いたいと思います。

 


 

■おおあみパパ (愛好家)■

◆12月19日

 

◆1月9日

西玄関横、南西カドともに花壇の株が随分大きくなり、蕾もついて、

一部開花し始めました。鉢植えのボンザはさらに花が咲いています。

 

 

 

成長を心配していたキララも蘇り、綺麗に咲き始めています。

 


 

■ちか (一般)■

◆1月11日 晴れ

植え込みから約4ヶ月。

ボンザマーガレットのイチゴショートは相変わらずフワッと大きく育っています。
他の3色はイチゴショートほどではありませんが、2ヶ月前に比べ、

ぐんと大きくなっていますが、日当たりのせいでしょう、お花はあまり見られません。

 

同じボンザマーガレットでも、生育スピードや草姿はかなり異なります。

満開は3月まで待たないといけないのかな。。。

キララは花芽をつけている株も。

現在水遣りの際、液肥を混ぜています。乾かしぎみに管理しています。 

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

セネッティ

バックナンバー:

2016年01月

Eテレ(NHK教育テレビ)の趣味の園芸に「セネッティ」も紹介されました。

2016年01月12日

こんにちは、チバです。

1月10日(日)にEテレ(NHK教育テレビ)にて放送された
「趣味の園芸」にサントリーフラワーズの「セネッティ」も紹介されました。

「冬の華 進化するサイネリア」の特集として、
「セネッティ レッド」の鮮やかな花姿も登場しています。

 

切り戻して再び満開を楽しめるサイネリア品種
「セネッティ」はの満開を楽しまれた後はざっくり切り戻して、

春にも満開をお楽しみください。
これからしばらくは、気温が低い日々が続きますので
霜や雪を避けて管理してください。

 
1月15日(金) 午後9時00分にも再放送があります!
NHKオンラインHP 趣味の園芸(外部サイト)

 

★「セネッティ

 

 

カテゴリ:

セネッティ

バックナンバー:

2016年01月

【プレマム満開PJ】年末年始の様子(2015年1月上旬更新)

2016年01月08日

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


■ サンゴリ(愛好家)■

◆1月4日(月) 晴れ

あけましておめでとうございます。
今年も「プレマム満開PJ」のレポートをお届けします。
どうぞよろしくお願いいたします。

新年早々にセネッティ・ブルーが満開になりました。

 

ブルーバイカラーとラベンダーバイカラーもほぼ満開です。

 

レッドは満開までまだまだ時間がかかりそうですが、
草姿が最も整っています。満開が楽しみです。

花の数が増えてきて、寒々としたバルコニーが賑やかになってきました。
今冬は暖かいため防寒対策は何もしておらず、
夜間も屋根なしのバルコニーに放置したままです。
しかし、こうゆう時は逆に要注意で、急に寒くなると、
株が一気に傷むため、天気の変化に注意したいと思います。

 

ボンザマーガレット・ルージュピンクと葉牡丹の寄せ植えを
お正月用にアレンジして玄関に飾りました。

ピックを挿しただけですが、なかなか華やかになりました。

 


 

■ねっちー (一般)■

◆12月29日(火)

年内最後の出勤日。
セネッティは開花しだすと、週1度の潅水では足りない。

ぎりぎりの潅水具合で管理。毎回液肥をあげています。

ブルーバイが開花が進んできてとてもうれしいですね。

 

◆1月5日(火)

出勤前に、セネッティ記録写真を撮影。

プランターは中央のブルーバイカラーが満開。
もう満開と言ってよいのではないかと思い込みます!

液肥で週2回の潅水管理のみです。
現在は特に病害虫は発生していません。

同じ場所、同じ管理をしているつもりでも左右で咲き加減が違います。
少しだけ開花の遅い右側のプランターは、
途中で「ハダニ」にやられてしまった影響がでているようです。

もう少し花を楽しんだらば、切り戻しに挑戦です!

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆1月3日

新年明けましておめでとうございます。
今年も引き続きボンザマーガレットの様子をレポートします。
植え込んで2ヵ月半、前回報告から1ヶ月後の様子です。

1ヶ月前と比較して株がより充実してきました。
花付き具合は変わりありませんが、
冬の寂しいこの時期に咲いてくれてるのは良いですね。

手入れとしては、花ガラ摘みくらいでほぼ何もしてません。
ただ12月中旬以降はネットの霜予測を参考にしながら、
夜に苗カバーをかぶせて霜にあたらないようにしています。
苗カバーは10号対応のを5個入り約1,000円で購入しました。
これ、早春に野菜を育てる際にも活用できるので、
コストパフォーマンス的にも超オススメ!

今年は暖冬なので、基本は苗カバーをかぶせて外に出しっぱなし。
この先、最低気温がマイナスになりそうだったり、
雪が降った時は玄関の中に入れる予定です。

 


 

■タムタム (プロ)■

◆1月2日

ボンザマーガレット ホワイト 

 

ボンザマーガレット レモンイエロー

 

ボンザマーガレット ローズピンク 

 

12月28日に鉢増し作業を行う(9号→10号)、
潅水は1回のみです。(ハイポネックス原液を1000倍希釈を2リットル)。

 


 

■パイン (愛好家)■

◆1月5日

昨年秋の気温が低く、冬に入ってから暖かい日が
続いているおかげで、セネッティも順調に開花しております。
まだ開花は少ないものの、ロウバイやミルフルと一緒に
お正月を華やかに彩ってくれました。

この時期は1時間程度の日照しか望めないため、
万全とはいえませんが元気です。
ボンザマーガレットもこんもりと繁っています。

小さな小さな蕾もじわじわとふくらんでいるはずと期待しております。
本当はお日様を求めて鉢を移動してあげればいいのでしょうが、
とにかくセネッティブルーの鉢は大きすぎて...。
ギズモも怖がって近寄りません。

ブルーバイカラーとラベンダーバイカラーは背が伸びてしまって、
昨年秋の強風に当たり株がちょっと傾いてしまい、
移動がなかなか難しいところです。
もう、このまま日陰のみで春まで乗り切ります。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

セネッティ

バックナンバー:

2016年01月

【プレマム満開PJ】12月下旬、セネッティ満開(2015年12月29日更新)

2015年12月29日

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ミディ (初心者)■

◆12月27日

「セネッティ・レッド」が植え付け(10月18日)から

2カ月余りで満開を迎えています。

クリスマスの日、強風で飛んだ洗濯物がレッドとブルーの上に

覆いかぶさり茎が広がり、折れてとかわいそうなことをしてしまいました。

そのことと、霜雪除けのため、置き場所を見直しました。

日当たりの良い軒下に置いたり、夜間だけ軒下に移動したりしています。

「セネッティ」は、「ボンザマーガレット」や「キララ」より寒さに弱いと

聞いているので、冷え込みが厳しい夜間は屋内に入れています。

少々面倒ですが、朝晩の冷え込みがひどく、

風が強い高台に家があるので、厳寒期はこの対策でいくつもりです。

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆12月26日

ボンザマーガレットはゆっくりですが蕾が大きくなってます。

レモンイエロー

 

ローズピンク

 

ホワイト

 

作業は潅水を2回(液肥無し)のみです。 

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

セネッティ

バックナンバー:

2015年12月

10ページ(全19ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.