サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

大きな花プロジェクト の記事

【気合マックスPJ】サフィニアマックス7月下旬(2015年7月30日更新)

2015年07月30日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■タムタム(プロ)■

 

◆7/11

切り戻しをしないでどこまで咲かせられるか頑張っていましたが、
11日間の雨と台風の中出しっぱなしの環境のため、花がぼろぼろに。

この時期になるとアブラムシやうどんこ病などの病害が出るので

薬剤散布をしました。花は薬をまいたので元気がありません。

雨のせいにしたく無いですがこんな長雨は初めて。
他のメンバーたちがみな刈り込んでいるので刈り込まないで

やってみたのですが、やまり刈り込みをした方がよいですね。

新しい花は復活すると思いますので
パープルは引き続き刈り込まずにやってみます。

 

ピンクのスタンド鉢はこのままだと頓死の恐れが
あるのでやむなくピンチをしました。

7/11に薬散し、7/12日に液肥、各鉢500倍を3リットル。
花がら取り1回/週

 

 

◆7/20

7/11に刈り込んだピンクのスタンド鉢の様子です。

まったく葉の無い状態になってしまいましたが生きています。

 

7/11に薬をまいた後のパープルの様子です。

新しい花が咲いて復活してきました。

 

 

7/5に新たに植えたピンクのつり鉢の様子です。

順調に育っています。花色も綺麗に発色しています。

7/20の作業:花がら取り2回/週、液肥各鉢500倍を3リットル
(ただしピンクのスタンド鉢は1000倍を2リットル)

 

 

◆7/25

先々週に刈り込んだピンクのスタンド鉢は
みどりの茎からついた葉が成長して復活してきました。

長雨でダメージを受けた後でも諦めずに刈り込んでみましょう。

 

7/11に薬をまいたパープルも7/20に比べ半分以上復活。

完全復活まであともう少しです。

 

 

植え直したピンクのつり鉢も順調にさらに大きくなっています。

花がら取り2回/週。
元肥各鉢10粒(ピンクのスタンド鉢はやっていません)。
液肥各鉢500倍を3リットル(ピンクのスタンド鉢は1000倍を2リットル)

 

きちんと世話をすれば、どの花も元気になりますので

みなさんも頑張ってください。

 


 

■パイン(愛好家)■

 

7/26

7/9に切り戻したサフィニアマックスピンクが花を咲かせてきました。
梅雨中に切り戻しをして日照が足りなかったせいか、
なんだか花が小さくなってしまいました。

 

梅雨明け後の7/14に切り戻したパープルとグレープは
暑い日ざしを浴びてモリモリ育っています。
まだ2週間足らずなのに、こんなにたくさんつぼみをつけています。
「君たち生育良すぎ~!」と、思わず独り言をつぶやいてしまいました。

 

 


 

■けんたこ2000(一般)■

 

7/25

ちょうど切り戻してから2週間後の状況です。
写真をたくさん撮ったはずが1枚しか保存されてなく、写真はこれだけです。
かなり強めに切り戻ししましたが、2週間でここまで復活してくれました。
あとはこの猛暑の中、水切れ・肥料切れを起こさないように気をつけて管理していきます。

 

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

バックナンバー:

2015年07月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス7月中旬、梅雨明け(2015年7月24日更新)

2015年07月24日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■ミディ(初心者)■

 

7月7日

切り戻し(6月7日)から1ヶ月。
今年の関東地方は雨の日がとても多いですが、
切り戻しのアドバイス「新芽がよく育ち花芽をたくさん作るために
大きな葉は取り除く」を実践したからか、前回より花が密に咲いています。

 

7月15日

しかしながら、今年の長雨は満開時期を短くし、
あっという間に(上の画像から1週間!)このように
枝を徒長させてしまったため、切り戻しすることにしました。

日照条件は花には本当に重要なのですね。
次回はこんもり咲いた期間を長く楽しめることを願っています。

 

おまけ(我が家の収穫物)

プランターで家庭菜園にトライしています。
初心者ということもあり、数が少なかったり小さかったりと
まだまだですが自分で栽培した野菜は感慨深く、
味が凝縮されているように感じ満足感も高いです。
画像は、時計回りにしろくまゴーヤ、強健豊作、リッチゴールド、

シュガーミニ、純あま、とろとろ炒めナスです。

 

 


 

■ポチ(一般)■

 

6/14に強い切り戻しを実施した、
サフィニアマックス・ピンクのその後の様子です。

 

2015/6/22 強い切り戻し約1週間後

 

2015/7/5 強い切り戻し約3週間後

 

雨が続くので、再度切り戻しをしました。

 

2015/7/21 梅雨明け後

固形肥料のビガーライフを一株あたり5個足しました。

  


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

バックナンバー:

2015年07月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス7月中旬の様子(2015年7月17日更新)

2015年07月17日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■けんたこ2000(一般)■

 

7/11(土)

3週間ぶりの報告です。
ここ最近はずーっと雨で、花ガラ摘みや他の手入れも全くできず、
ご覧の通りものすごく徒長してしまいました。

我が家は雨よけできる場所がないので、雨ざらし状態です。
梅雨の時期の管理は難しいですね。

 

もう一度切り戻して、液肥を与えました。

 

「フェルトプランター ポピー」に植えた方は順調です。

 

 


 

■パイン(愛好家)■

 

7/6

毎日続く梅雨空。久しぶりにサフィニアマックスを見てみたら

ピンクの株元に黄色や茶色くなった葉が多くなっていましたので、
まだ雨模様の日が続きそうですが、思い切って切り戻しました。
雨には当たらないようにしていたんですが、
雨の当たらない場所って風通しもあまり良くないんですよね。
慌てて切り戻したため、切り戻し前の画像を撮り忘れてしまいました。

 

7/14

長雨後のいきなりの高温・ギラギラ太陽で、

サフィニアマックスたちもヘタレ気味です。
グレープとパープルも切り戻ししました。
心配していた株元もあまり蒸れている様子もなくほっとしました。

 
おまけ

4年目のグラリオは西日避けの緑のカーテンになっています。
2回のベランダから下に枝垂れさせる予定ですが、
ついでに内側に伸びてきた枝を上方向に誘引しています。
もともと下に向かって伸びる性質なうえ、葉茎で勝手に
クルリンと巻き付いてしまうので、こまめにチェックして誘引します。
グラリオは丈夫なので西日に耐えて伸びてくれることでしょう。

 

ベランダの東側にはサンパラソルジャイアント・ホワイト。
2株なので、グリーンカーテンには程遠いですが、白い大きな花と、

緑の葉が涼しげです。1株は冬越し株で、1株は今年植えた苗です。
5月中旬に植え込み後、長雨続きで根腐れしないか
心配しておりましたが、大丈夫そうです。

 

この暑さでアズーロコンパクトがさすがにつらそう。
日陰に置いても花が萎れてきたので切り戻し。
株元の茶色くなった茎葉も取り除きました。
果たして無事に夏を越せるでしょうか。

  

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

バックナンバー:

2015年07月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス7月上旬、梅雨真っ只中(2015年7月10日更新)

2015年07月10日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■タムタム(プロ)■

 

7/5(日)雨。

先週は雨ばかり。写真も雨に濡れています。

 

ピンクのつり鉢が病気になってしまいやむなく廃棄しました。
済みません。新たにつり鉢に植え込みました。
苗の大きさは5号ポットです。またこの時期から一から育ててみます。

 

 

 

 

その他、先週の作業は花がら取り1回のみです。
連日雨の為、作業が出来ていません。

晴れの日がいつ来るか・・・・・。正念場です。

 

<おまけ>

 

 

 

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

 

7月7日(火) 雨

7月に入ってから雨ばかり。
満開間近だったサフィニアマックスも、
さすがに開花が止まって徒長してきました。

 

 

株元を見るとカビが発生しています。
花が咲いてからは雨避けをしていますが、
これだけ日照が少ないと、カビが発生しますよね。

 

こういう時は、花に未練を残さず

切り戻した方が株を健全に保てますので、
今回もバッサリ切り戻しました。さらに、
カビや黄色くなった葉を取って殺菌剤を散布しました。

 
サフィニアマックスは生長が早いので、
今月末にはきれいに咲き上がるでしょう。

 

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

バックナンバー:

2015年07月

【気合マックスPJ】サフィニアマックス6月下旬の様子2(2015年7月2日更新)

2015年07月02日

 

サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました!


 

■タムタム(プロ)■

 

6/28(日)。

スタンドは高さ35センチから65センチに代えました。

花がら取り2回/週、6/27日に元肥、各鉢10粒。
6/28に液肥、各鉢500倍を3リットルやりました。

 

ピンクのつり鉢が調子悪いです。花が小さく、株に勢いがありません。
雨に打たれて花びらがダメージを受けましたがしばらく様子見です。

 

 

 

 

<おまけ>

 

 

 


 

■サンゴリ(愛好家)■

 

6月22日(月) くもり
2週間前に切り戻したサフィニアマックスの花が咲き出しました。

切り戻しから花が咲くまで本当に早いです。この2週間は曇りがちの日が多く、

摘芯も一切していないのに、徒長せず、こんもり丸くなってます。

梅雨の間は花を咲かせない方がいいかなぁと思っていましたが、

株元の葉が黄色くなってないので、このまま咲かせてみましょう。

 

6月29日(月)晴れ

昨日、今日は梅雨の晴れ間のようです。
サフィニアマックスの開花が進み、7分咲きぐらいになりました。
切り戻し後の生育スピードもMAXです。

 

 


 

■パイン(愛好家)■

 

6月28日

一足遅れていたサフィニアマックス・パープルが咲いてきました。
やっぱりパープルは高く伸びますね。
それでもきつめに切り戻しをすれば、こんもりと形良く咲いてくれるみたいです。
サフィニアマックスは生育が良くてどんどん大きくなり、花も次々咲いてくるので
ついつい切り戻しのタイミングを逃しがちですが、

早めに切り戻しをすると良いかもしれません。。

 

 

<おまけ>

切り戻して梅雨以降、涼しい日が多かったおかげでアズーロコンパクトもいい感じに咲いてきました。

 

 


 

■ミディ(初心者)■

 

6月23日 <花壇>
切り戻しから15日ぐらいの開花状況です。

 

以前より「周りの株に比べて生育が悪い」と思っていた株から変わった花が咲きました。
社内の技術者に確認してもらったところ、「ウィルス」に感染しているとの診断でした。

大事に育ててきたので、とてもショックでしたが、「ウィルス」は
アブラムシやスリップスなどの害虫が媒介となって感染し、いたしかたないそうです。
「ウィルス」に感染すると治療する方法はなく、周囲に感染するリスクが
高まるとのことで、残念ながら、「ウィルス」感染株は処分しました。
ですので、花壇は一部歯抜け状態です。

今後周りの株にうつらなければいいのですが。
「ウィルス」を広めないよう、花壇専用の剪定ハサミを作り、
使用毎に消毒(中性洗剤で洗う)した上で、人の手経由で感染することも
あるそうなので、花壇を触れた後は洗剤で手を良く洗っています。

 

6月26日 <鉢>

切り戻しから20日ぐらいでこの開花状況です。
前回よりこんもりブーケ状に咲かせることができました。
実は、私の切り戻し画像を見たサンゴリさんから、
「大きな葉は取り除いてあげた方が、株元まで日が当たり、
新芽が育つ」と教えていただき、実行しました。
本当に新芽がどんどん出てきて、枝が多くなった分、花付きもよくなりました。
サンゴリさん、貴重なアドバイスをありがとうございました。

 


"サントリーフラワーズ社員がサフィニアマックスを気合マックスで育ててみました"

 

サントリーフラワーズ社員が大きく育つ花「サフィニアマックス」を育てながら、
当ブログに生育過程を写真・コメント付きでアップします。
ガーデニングのプロの社員のアドバイスなどもご紹介しながら
「大きな花プロジェクト」をさらに盛り上げていきたいと思っています。

 

「気合いマックス プロジェクト」 カテゴリーページ

 


 

 

バックナンバー:

2015年07月

4ページ(全11ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.