サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ サントリーフラワーズ 公式ブログ 花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

サントリーフラワーズ 公式ブログ花とおしゃべりブログ

マックスマム の記事

【プレマム満開PJ】4月中~下旬・満開の花ざかり(2016年4月20日前後)

2016年04月29日

 

サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!

サントリーのお花「プレミアム"マム"」のボンザマーガレット、キララ、セネッティを

サントリーフラワーズ社員が育てて秋と春の2回満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介してします!

 


 

■ タムタム(プロ)■

◆4月23日

秋に植えたマックスマム(左)とボンザマーガレット(右)が凄いです。

見事です。横幅70センチです。満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業は潅水毎日、、内3回は液肥

(パイポネックス原液の500倍希釈を各鉢3リットル)

 


 

■ おおあみぱぱ(愛好家)■

◆4月23日(土)

 

 

 

 

西向き玄関横花壇、西南カド花壇ともに、
やっとボンザマーガレットが満開になりました!
通りがかりの(見知らぬ)方も「綺麗ですね」と
褒めていただき、嬉しくなります!

 

 


 

■サンゴリ (愛好家)■

◆4月26日(火)

セネッティ・ブルーバイカラーとラベンダーバイカラーが満開になりました。
冬の満開時よりもコンパクトに仕上がっています。
気温が上昇しているため徒長しにくくなっているのでしょうね。

 

ブルーは5~6分咲き程度です。
あと10日ぐらいで満開になるでしょうか。

 

ボンザマーガレット・ルージュピンクも満開です。
ルージュピンクは花茎がピンと長くて花が目立ちます。
終わった花を摘んでも、次々に咲いてくれるのが嬉しいです

 

  


 

■ポチ (愛好家)■

◆4月26日(火)

キララが満開となりました。

 

セネッティ・レッドも満開を迎えています。
その他のセネッティはもう少しで満開になるでしょう。

 

ボンザマーガレットの寄植えも、満開状態です。

気温の上昇とともに、花がらつみがなかなか大変です。

 


"サントリーフラワーズ社員が「プレミアム"マム"」で秋と春の2回満開を目指します!"

プレマム満開PJの記事をまとめて読む

 

★秋の新定番「サントリープレミアム"マム"」で華やかなお庭に
サントリー「プレミアム マム」シリーズ特集

 


 

 

カテゴリ:

マックスマム

バックナンバー:

2016年04月

【気合マックスPJ2016】植え込み1ヵ月後くらいの様子(4月下旬頃)

2016年04月28日

 

"サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育ててみました"

大きく育つサントリーのお花「マックスマム」と「ビーダンス」を、

サントリーフラワーズ社員が育てて満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介しています!

 


 

■ポチ(一般)■

◆4月26日(火)

マックスマム、ビーダンスをの最近の様子です。

ようやくマックスマム・レッドが開花しました。

ビーダンス・イエローの5号鉢植えがこんもりとして、鉢底から根が

出てくるようになりましたので、そろそろ鉢増しをしようと思います。

 


 

■あおぴょん(初心者)■

◆4月25日

木々の緑が色濃く変わり、
花に囲まれて癒されています!

栽培する際に気を付けていることは、水やりのタイミング。
土が乾いたことを確認して、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと、
乾湿のメリハリを効かせた水やりを心がけています。

液体肥料は週に一度、「ハイポネックス原液」を500倍に薄めて、
葉や花にかからないように与えています。

 


 

■トムヤム君(一般)■

◆4月17日

植え付け時に持っていた蕾咲ききり、
株が大きく育って花の上まで茎葉を伸ばしてきています。

レッドやピンクは株が広がりながら大きくなり、
白や黄色は比較的まとまりそれぞれに
個性を発揮しながら徐々に大きくなって来ています。

ビーダンスはまだ大きくなりません。
この気候がまだ寒すぎるのかもしれません。

 


 

■ポルコ・ロッソ(初心者)■

◆4月19日

 

 

こないだ追肥を忘れたのでプロミック4粒投入!
株がなかなか大きくならないので、一旦花を取りました。
大きくなーれ♪

 


 

■ちか(一般)■

◆4月26日

植え付けから約1ヶ月。マックスマムが大きくなりました。
葉が10号鉢の端まで伸び、花も少しずつ着いてきました。
数は少なくても花が大きいので、迫力があります。

イエロー、ピンク、レッド、それぞれ草姿、成長スピードが異なります。
ピンクは植えて1週後には1番目の花をつけました。
次々つぼみをつけています。プロミックを各鉢2粒ずつ、追加しました。
北西向き地下のテラスで日当たりイマイチですので、徒長気味に育っているようです。

ボンザマーガレットと比べると花の大きさも、葉の大きさも倍以上ありそうです。

ビーダンスは、株は目立って大きくなっていませんが、
花付で植えたときからずっと花を増やし続けています。
植えてすぐに楽しみたい方にはもってこいだと思います!

 


 

■おおあみぱぱ(愛好家)■

◆4月23日(土)

ビーダンスはノースポールや蓮華草とともに順調に成長中です。

 

 

 

マックスマムも花をつけています。 

 


 

■パイン(愛好家)■

◆4月20日

ようやく暖かくなり、マックスマムやビーダンスたちも大きくなってきました。
マックスマムは花色ごとにそれぞれ性質が違い面白いですね。

 

ホワイトは早くから花を付け、次々と花を咲かせています。
株は花を咲かせる分、大きくなるスピードはゆっくりですが、
それでもだいぶ大きくなりました。
花の咲き始めは小さかったけど、花も大きくなってきました。

 

レッドは体をまず大きくしてから花芽をつけていきます。
やっとほんのりと赤い色が見えるくらいにつぼみが大きくなってきました。

 

イエローは、株もつぼみもゆっくりです。
やっと咲いた花も、開花してから気温が低めの日が続いたせいか、
なかなかきれいに開ききってくれません。でも色はとてもきれい。
花を追い越して葉が茂ってきてしまいました。

 

ビーダンスもだいぶ大きくなってきました。

花芽の形成される時期の気温によって咲いてくる花色が
微妙に違ってきます。1株でいろいろ楽しめます。

 


■タムタム(プロ)■

◆4月23日。

 

 

 

4月10~16日の作業
マックスマム 潅水4回、内2回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は3リットル、8号は2リットル)

 

ビーダンス 潅水3回、内1回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を2リットルのみ)

 

4月17~23日の作業
マックスマム 潅水は毎日、内3回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル)

 

ビーダンス 潅水4回、内2回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を2リットルのみ)

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆4月16日(土)

マックスマムの生育スピードに驚かされています。
先週、6号スリット鉢から47センチプランターに
鉢増ししましたが、その後の生長が早い!
毎日様子が変わっているのがはっきり分かります。
生長のスピードを後押しできるように、
週1~2回は液肥をあげたいですね。

 ↓3日後

 

ビーダンスも順調。

 

ハチミツのような香りは、咲き始めの花が最も強く香るようなので、
朝に咲きたての花を見つけたら、
ぜひお顔を近づけて香りをかいでみてください。

 

おまけは、無事に冬越しできたサンパラソルクリムゾン。
今年で3年目です。早くも蕾をつけ始めています。

 


  

■サンゴリ(愛好家)■

◆4月16日~19日

季節が進み、日中は初夏の陽気になってきました。
新たにマックスマム・ホワイトを6号鉢に仮り植えしました。

3月20日に植えた他の3花色は順調に生長し、
すでに6号鉢では窮屈の様で、直径40cm鉢に移植しました。
植え込みから4週間ですが、しっかり根が回っています。

昨年10月から栽培中のピンクと比較するとまだまだですが、
40cm鉢でもすぐに土が見えなくなりそうですね。

こちらは昨年10月から栽培中のマックスマム・ピンクと
ボンザマーガレット・ルージュピンクの比較画像です。
マックスマム超大きい!

 

ビーダンスもいい感じで根が回っていたので移植しました。

こちらはヤシマットのハンギング(1株/40cm)にしました。
ヤシマットは排水性が良すぎて、我が家の環境だとすぐに
土が乾いてしまうため、中に数箇所穴を開けたビニールを敷きました。
エローは摘芯なし、レッドとレッドストライプは摘芯を2回行っています。
しだれてフワッと咲かせたいなと思います。

 


 

★ブログカテゴリー:「気合マックスPJ2016

★「マックスマム」と「ビーダンス

★「参加団体・小学校を大募集!「大きな花プロジェクト」キャンペーンサイト

 

 

カテゴリ:

マックスマム

バックナンバー:

2016年04月

「マックスマム」がふなばしアンデルセン公園で咲き誇ります。

2016年04月26日

こんにちは、チバです。

2016年3月19日、千葉県 ふなばしアンデルセン公園さんと共催で、

お花の公園植栽体験ワークショップを実施しました。

植え込みしたお花は、今年から新登場した「マックスマム」。

サントリーフラワーズが15年の歳月をかけて開発した、

キク科アルギランセマム属ハイブリッドです。

お花が好きなみなさまと花の育て方を学びながら

一緒にマックスマムを植え込みました。

 

 

 

 

 

詳しいワークショップのレポートや他の写真などは

こちらのページに掲載しています。ぜひご覧ください。

ふなばしアンデルセン公園で植栽体験ワークショップ開催!

 

そして、この時に植え込みをしたマックスマムのお花は現在も

ふなばしアンデルセン公園ですくすく育っています。

<4月15日撮影>

これからもっと大きく育ちますので、ゴールデンウィークの頃には

迫力の花姿を見せてくれるのではないでしょうか。

ふなばしアンデルセン公園は、自然体験、花の城など5 つのゾーンからなる

総合公園で、自然の起伏や雑木林を生かした広大な園内は、

四季折々の花で彩られた緑豊かな憩いの場です。

マックスマムのほかにもたくさんのお花を楽しめると思いますので

機会がございましたらぜひ遊びにいらしてください。

★「ふなばしアンデルセン公園HP」(外部サイト)

 

★大きな新発売。「マックスマム

 

 

カテゴリ:

マックスマム

バックナンバー:

2016年04月

「マックスマム」が六本木ヒルズのけやき坂通りに植栽されました。

2016年04月21日

こんにちは、チバです。

 

東京都 六本木ヒルズのけやき坂通りで
サントリーフラワーズのお花「マックスマム」が植栽されました。

 

六本木ヒルズで働いている方々やさまざまな会社の方が

ボランティアで朝の出社前の時間を活かして植栽をしています。

サントリーフラワーズ社員も植栽に参加いたしました。

 

 

 

六本木ヒルズのメインストリートである六本木けやき坂通りでは、
一年を通して季節を感じる東京育ちの草花が彩り、
東京の新しい街並を創り出しています。

六本木にお出かけの機会がございましたら、
ぜひけやき坂通りのマックスマムもお楽しみください。

 

★「マックスマム」についての特集ページはこちら

 

 

カテゴリ:

マックスマム

バックナンバー:

2016年04月

【気合マックスPJ2016】植え込み2週間後の追肥(4月上~中旬頃)

2016年04月15日

"サントリーフラワーズ社員がマックスマムとビーダンスを気合マックスで育ててみました"

大きく育つサントリーのお花「マックスマム」と「ビーダンス」を、

サントリーフラワーズ社員が育てて満開を目指していく様子や

生育過程を当ブログに写真とコメント付でご紹介しています!

 


 

■ポチ(一般)■

◆4月2日

マックスマム、ビーダンスを植えつけて約2週間たちましたので、
固形肥料の追肥を行いました。

マックスマムには、固形肥料の「プロミック(12-12-12)」を、
レッド、ピンク、ホワイトの鉢に各3粒、イエローの鉢には5粒、
湿った土の上になるべく均等になるように置きました。

今後、マックスマムには、3.6Lのじょうろで、規定量を測って、
液肥の「ハイポネックス(6-10-5)」を1週間に1度与えていく予定です。

 

ビーダンスの鉢には、「サフィニアの元肥ビガーライフ」を各5粒ずつ置きました。
今後は、「サフィニアの液肥(8-5-5)」を同様に与えていく予定です。

置き場は南向きの庭です。こちらも楽しんで育てていきたいと思います。

 


■あおぴょん(一般)■

◆4月2日

苗を植えて2週間。春の日差しを浴びて
花が咲き始めたので、固形と液体肥料を与えました。

 

固形肥料 「プロミック(12-12-12)」
マックスマム10号鉢:3錠
マックスマム8号鉢:2錠

 

固形肥料 「サフィニアの元肥ビガーライフ」
ボンザマーガレット:5錠
ビーダンス:5錠

 

液体肥料「ハイポネックス(6-10-5)」
全ての花:500倍希釈

 

 

◆3月13日から4月9日の成長具合

4色の「マックスマム」を育てているのですが、
それぞれ成長の様子が違います。
(ホワイトのみ8号鉢、他3色は10号鉢。)
ピンクとホワイトは、縦に立ち上がって伸びています。
イエローは、まだ株も花も小さくまとまっていますが、
これから元気に育つことが楽しみです。
レッドは、横に広がって一番大きく育っていますが、
花は咲いていません。人間も顔や性格が違うように、
花も個体差があるのですね。様子を見守ることにしましょう!

 

◆4月10日

「マックスマム」と「ボンザマーガレット」の比較です。
左が「マックスマム」、右が「ボンザマーガレット」。

 

「マックスマム」は、咲き始めは5cm位の花が、7cm位に大きくなります!
「ボンザマーガレット」は、4cm位の花がたくさん咲いています。
鉢が花で覆われるほど、大きく咲かせたいです!

 


 

■けんたこ2000 (一般)■

◆4月9日(土)晴れ。

ちょうど1ヶ月前、6号スリット鉢に仮植えしたマックスマムの

鉢増しを行いました。順調に株も大きくなっており、
スリット鉢から抜いてみると根も良い感じで張っていました。

植え込む先は、直径47センチの超特大プランター。
こちらに1鉢ずつ植え替えです。

鉢の容量は33リットルですから、
「サフィニアの土(14リットル)」が2袋以上必要。
適量のマグァンプを混ぜながらプランターに土を入れていき、
ある程度のウォータースペースを確保できるように土の量を調整。
植え込んだ後にプロミック(12-12-12)を3粒ずつ置き、
最後にハイポネックス原液500倍希釈の
水遣りを各鉢7~8リットルくらい与えました。

ちなみに水遣りをする前に日当たりの良いところに移動しています。
水遣りしてからだと重くて動かせないので。

結構な肉体労働でしたが、
マックスマム自体は今まで窮屈な6号鉢から
本来あるべき大きな鉢に移動しましたので喜んでいると思います。

 

約3週間前に植えたビーダンスは花がだいぶ咲いてきました。
開花の進行が早くてうれしいですね。
こちらも同様に、プロミックと液肥を与えました。

 


 

■トムヤム君(プロ)■

◆4月2日

マックスマムは植え付け時に持っていた蕾が大きくなり、
この1週間ほど前からホワイトが咲いてきました。

徐々に大きくなって来ているのは確かですが、
まだちょっと寒いから動きはゆっくりです。

ビーダンスは送られてきた時に既に咲いていた花が
未だに咲き続けている感じです。
ラベルのハチ君がかわいらしいので
しばらくラベルをつけたままにしています。

 


 

■タムタム(プロ)■

◆4月9日

 

 

 

 

 

 

開花が進んでいます。4月3日に薬剤散布をしました。
(アドマイヤー、コロマイト、カスケード、アミスターの混合液)。

マックスマムは潅水3回、内2回は液肥
(ハイポネックス原液の500倍希釈を12号は2リットル、8号は1リットル。)

ビーダンスは潅水2回(3リットル)です。

 

<おまけ>

 


 

■ポルコ・ロッソ(初心者)■

◆4月13日

 

 

雨天での撮影。
マックスマムは花がだんだんと上がってきました。
特にホワイトの花つき○。

ビーダンスも花つきよく、香りに誘われて虫たちがやってきます。

あっ!追肥忘れた。
来週やります

 


 

★ブログカテゴリー:「気合マックスPJ2016

★「マックスマム」と「ビーダンス

★「参加団体・小学校を大募集!「大きな花プロジェクト」キャンペーンサイト

 

 

カテゴリ:

マックスマム

バックナンバー:

2016年04月

6ページ(全8ページ中)

花のある生活、花との新しい関わり方など、花の魅力を次々とご紹介してまいります。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.